ファストファッション「ZARA」の本拠地に切り込んだ「ユニクロ」。現地ファッション業界はこう見た!

uniqlospain-550x259-378e730b165b114cc6b32191e4e06f0448370adc

ユニクロスペインのサイト

 ユニクロがスペインに出店するという噂が流れてから実に7年――。

 遂に9月20日、バルセロナの中心街のパセオ・デ・グラシア通りに1号店がオープンした。地下1階と地上3階の売り場面積1730平方mの店である。

 この通りはガウディーの建造物が二つあり、バルセロナで著名ブランドが出店する場所である。

 スペインではユニクロの創業者柳井正会長兼社長は「日本のアマンシオ・オルテガ」と称されている。アマンシオ・オルテガは1975年にスペイン北西部ガリシア地方で設立されたZARAの創業者だ。それだけに、ユニクロのスペイン進出は注目されていた。

 一方、ユニクロのスペインへの進出を虎視眈々と観ていたZARAはユニクロが開発したウルトラライト・ジャケットとコートのコピー版をユニクロのバルセロナ進出に合わせて市場に出した。

 ファスト・ファッション(Fast Fashon)の業界ではZARAの右に出る企業は世界に存在しない。最新の流行を素早く取り入れて、量産体制で他社よりもより安価に、しかもスピーディーに市場に提供するという能力ではZARAを凌ぐ企業は世界に存在しないのだ。しかも、ZARAは模写するデザインを決めてから市場に出すまでひと月でやってしまう企業だ。因みに、ZARAのウルトラライト・ジャケットは39.95ユーロ(5195円)、コートは49.95ユーロ(6495円)で販売している。

「ZARA」vs「ユニクロ」、その違い

 ユニクロのコレクションはシンプルであることをコンセプトに日常をより快適に過ごすために着易さなどを追及している。品質を高める為に原材料の選択を始め、何度洗濯しても傷まないと言ったことを目標にしている。

 一方のZARAはコレクションを創作し、それが早く消滅するというのを繰り替えしている。最新のファッションの流行を上手く模写してZARAのブランドでそれを絶え間なく市場に提供し続けるということがポリシーである。

 ZARAは一つの商品を誕生させるのに、デザインを起こす段階からそれが商品となって市場に出すまで僅かひと月でそれをやってしまう。多くの企業ではこの過程をこなすのに10か月を必要としている。

 著名デザイナーによる秋/冬、春/夏、リゾートの3度のファッションショーで紹介された新作をいち早く模写して手頃な価格で市場に提供するのがZARAなのだ。

 この3度のファッションショーで、仮に100の新作コレクションが発表されれば、そこから20のコレクションを模写して市場に提供できる能力をZARAは備えているという。H&Mも16のコレクションを模写できるまでになっているそうだ。(参照:「Vanity Fair」)

 ZARAはひと月に店の85%の商品を新しい商品と変えるだけの能力を備えている。このポテンシャルが、ZARAを含めたグループ企業が年間で1万8000着の新作を生むことを可能にしている。(参照:「El Mundo」)

 この様なZARAが得意とする能力から消費者はZARAの新作に常に注目せざるを得なくなっている。

 一方のユニクロは、このようなZARAのスタイルとは異なる。

 ZARAの商品は先述したように<ファッションに焦点を合わせているが、ユニクロは<基本服にデザインを少し加味しながら機能性とユニセックスに焦点を合わせている>と『marketingdirecto』デジタル情報紙は指摘している。(参照:「marketingdirecto」)

次ページスペインのファッション業界の見方は?

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top