「写真からゲイかストレートか見抜くAI」の研究が発表され物議を醸す

stanfordai-550x343-78f8af4885702440dc291521b54310a2431f37db

via “DEEP NEURAL NETWORKSCAN DETECT SEXUAL ORIENTATION FROM FACES”

 人工知能を使って人間の顔写真データを分析することで、「同性愛者かストレートか」を高精度で見破ることができるという研究結果が報告され、世界的な物議を醸している。

 スタンフォード大学の研究チームはこの度、開発したアルゴリズムを利用して、男性の場合81%、女性の場合74%の確率でそれぞれ同性愛者かどうかを正確に区別することができたという研究結果を発表した。

 研究者であるMichal Kosinski氏とYilun Wang氏は、米国出会い系サイトに集まった35000枚以上の顔画像データを利用。「ディープニューラルネットワーク」を駆使して、その画像から特徴を抽出した。なお、識別する対象となる人物の画像を一人あたり5枚使用したところ、その精度はさらに向上。男性91%、女性83%に達したという。一方で、人間のモニターが同じ“作業”を行ったところ、精度(男性61%、女性54%)はアルゴリズムより低いということも検証された。

 研究チームは、「顔には、人間の脳によって知覚・解釈されるよりも、性的指向に関するより多くの情報が含まれている」と、研究の成果について説明した。なお、今回の研究は「ストレートか否か」を識別することに焦点があてられており、トランスジェンダー、もしくはバイセクシュアルの人々については考慮されていない。

 人工知能を人の性的指向を判断するために使うという用途は、“犯罪者予測”と同じレベルのインパクトがあり、LGBTだけでなく、より広範な議論を巻き起こしそうだ。

参照:Deep neural networks are more accurate than humans at detecting sexual orientation from facial images
<文/ロボティア編集部

ロボティア
人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社新書)の著者・河鐘基が務める。https://roboteer-tokyo.com/

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top