スペイン・カタルーニャ州独立問題、10月1日に国民投票実施が決定だが、混乱必至

flag-2123796_640-550x413-e9597a03d2f561b1c180210f260bddf2a5709a1e

 9月6日、カタルーニャ州で独立の為の住民投票の実施が同州議会で可決されたことは日本でも報じられた。しかし、日本の報道で基本的なことがひとつ欠けている。即ち、自治州による独立を問う住民投票は違憲行為だということである。それを敢えてカタルーニャ州政府が実行しようとしていることから問題が生じているのである。

 カタルーニャ州議会は独立を州民に問う住民投票の10月1日の実施法案を可決させた。12時間の審議を経て独立反対派が議事室から退席しての投票での可決であった。

 なぜ反対派が投票時に退席したのか。理由は野党としての権利を独立賛成派から選出されているフォルカデル議長が蹂躙したからである。

 そもそも、この法案は2政党による連立政権が密かに草案を作成し、議会に提出したという代物。野党はその内容を吟味して修正案を提出するには僅か1時間余りしかなかった。独立反対派の野党はこの草案を吟味して修正案を提出するために審議の延長を議長に要求した。しかし、それが受け入れられず議長は議員の投票に移ろうとしたので彼らは揃って退席するという事態になったのであった。

 そして、その翌日には住民投票で独立賛成票が反対票を上回った場合には、二日後にカタルーニャ共和国としての一歩を踏み出す為の法案も野党不在のまま投票が行われ可決した。

自治州政府機能強制停止の可能性も!?

 ラホイ首相は、外遊中の外相以外、内閣閣僚全員が出席しての記者会見に臨んで、「(スペインの)民主政治は断固として冷静に威厳をもって(独立を問う住民投票を実施しようとする違憲行為に)応える」と述べた。更に、「これは一つの計画を全社会に力でもって押し付けようとしている一部政治家の産物である」「行政の破滅を導くことになるそのような道を進まず、放棄するようにカタルーニャ政府閣僚に伝えたい」「私は住民投票を回避させるために如何なることも放棄することなく付与されている手段で必要なすべての手を尽くす」>と述べた。(参照:「El Pais」)

 この首相の発言の裏には憲法155条の適用も可能性としてあるということも仄めかしたことになる。

 155条とは<自治州が憲法に謳われている義務を果たすことなく、国家の安全と自治行政を脅かす危険が生じた場合は、スペイン政府は上院の過半数議席の承認を得た上で、その自治州政府の機能を中断させることが出来る>と謳った条項である。上院ではスペイン政府与党が過半数の議席を有しているので、上院での承認は容易に取得できる。

次ページ何が起きるか予測不可能な事態に!

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top