洗濯しても水を弾く!? 超撥水シューズで雨も泥汚れも怖くない

20170825-barriershoes-4-a521f6f8c97325a1fbb86fb1c9803582c12e2f7e

医療現場のシューズに使われている技術を応用した、新しい超撥水シューズ「Classico Barrier SHOES(クラシコ バリアシューズ)」が誕生しました。医療現場で使われるシューズというと、給食室で履くみたいな、無機質な業務用シューズをイメージされるかもしれませんね。ですがこのシューズ、デザインがおしゃれなんです。上品なスリッポン、気軽なデッキシューズという雰囲気。これなら、一般のユーザーでも充分に活用できそう。

クラウドファンディング形式で、これから生産に入る予定とのことなので、要チェックですよ。

医療現場専門のセレクトショップ・Docolle(ドコレ)にて、クラウドファンディング形式でものづくりをするClassico LAB(クラシコラボ)が始まりました。このプロジェクト第一弾として、優れた超撥水機能により汚れと水をバリアする「Classico Barrier SHOES(クラシコ バリアシューズ)」が誕生、WEBにて一般公開されています。

手掛けたメーカーのクラシコは、医療従事者の働く意志を高めることをミッションに、テーラード技術を取り入れた白衣を中心として、医療用品の企画・製造・販売を行っている企業です。医療従事者にとっては、血液や消毒液などの頑固な汚れに対し、いかに清潔を保つかが日々の課題となっています。当然のことながら、そのなかでもシューズはもっとも汚れるアイテム。

▲水はもちろん、血液などの汚れもつきにくい

そこで、クラシコでは医師にモニター調査を行ったうえで、汚れにくく濡れにくく、なおかつ通気性があり脱ぎ履きしやすいという、機動性の高いスリッポンタイプのシューズを研究開発しました。

「Classico Barrier SHOES(クラシコ バリアシューズ)」の、水を寄せつけないバリアの秘密は、キャンバス地の風合いはそのままに “糸” 自体に施された特別な撥水加工にあります。新発想のナノ・レベルの テクノロジーで、繊維の内部まで加工を浸透させ、イオンを付帯させているという仕組みです。また、静電気が発生しにくく埃が付かないことから、汚れをも防いでくれます。

また30回の洗濯テストでも変わらない耐久性の高さも実証済み。つま先が丸く大きく脱げやすいというような、一般的なスリッポンデザインとは一線を画します。つま先は足の形に程よくフィットし、脱ぎやすく歩きやすいデザイン。シルエットが丸すぎないので、タイトなボトムスでもスクラブパンツでも違和感なく履けます。

価格は9800円(税別)。カラーは、ブラック・ホワイト・ネイビー の3タイプ。販売はクラウドファンディング形式で「100足」 の応募をボーダーラインとし、目標達成後に生産を開始するとのこと。興味ある方はぜひのぞいて見てください。

>> Docolle「Classico Barrier SHOES」

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top