Bluetooth5.0採用で届く距離が約4倍に!失くし物の心配も減りそうです

20170825-tracMo-3-720x720-8ba84f8d2b322f3cc259ff467fa4b36315848b0a

鍵やスマホ、財布など大切なモノをうっかり失くしたり、リモコンなど使いたいのにどこに行ったかわからなくなって大捜索! そんな経験、きっとありますよね。焦って探せば探すほど見つからなかったりして、失くし物っていいことありません。そこで便利なのがIoT技術を活用した失くし物防止のタグ。

今回登場した「tracMo(トラクモ)」はBluetooth5.0採用で、捜索範囲が従来の約4倍に! うっかりさんはもちろん、リスク回避のためにも使えそうです。

+Style(プラススタイル)でクラウドファンディング展開中の「tracMo(トラクモ)」は、あの手この手で失くし物や紛失を防いでくれる “トラッカー” 。「tracMo」とスマホが一定距離を離れたり近づいたりすると、アラートが鳴ってお知らせしてくれるので、出がけにうっかり財布を忘れて家を出る、なんてことを防ぎます。

さらに、大切なモノに「tracMo」を予めつけておけば、どこかに隠れてしまい見つけられないという時でも、スマホ操作で「tracMo」を鳴らせば、すぐに見つけられます。

スゴイのはクラウドサーバーを活用した失くし物の発見・追跡機能。tracMoユーザーが失くし物の近くを通った場合、位置情報が更新され、持ち主に通知してくれるのです。しかも「tracMo」はBluetooth5.0を採用しているので、その捜索範囲はBluetooth4の4倍も! 失くし物で一番困るのは「どこで落としたのかさっぱりわからない」ということですから、この機能は心強いですよね。

現在開発中の「tracMo Mesh Station」は、子どもが帰宅した時に知らせてくれる入退室センサーとして利用したり、IoT家電のスイッチにもなるとか。

▲全4色で登場

価格は3780円の予定ですが、クラウドファンディングの “超早割プラン” なら2280円(各色20個限定)。手ごろな価格なので、家族分を用意するのもいいかも!

>> +Style「tracMo」

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top