“出玉5万円分以下”のパチンコ規制は依存症対策には繋がらない

527d704725c78e99a6c199fed-cc1d8026f7543a1ee44d01db37ea15d24039dd9d

警察庁が掲示しているパブリックコメント募集欄

 7月11日、警察庁がHP上で、パチンコ・パチスロ規制に関する規則改正案に対するパブリックコメントの募集を開始した。警察庁が何らかの規則を変更する際には、警察庁HP上で一般の意見を募り、その後に晴れて規則は改正される。

 今回、警察庁が発表した「パチンコ規制」は、業界内外に大きな波紋を呼んでいる。

 そもそも警察庁は、政府がカジノ実施法に向け、ギャンブル等依存症対策法案の検討を始めるなか、パチンコの射幸性の抑制を有効な依存症対策として捉えてきた。今回の規則の改正により、パチンコ・パチスロの出玉は、現行の3分の2まで削られるほか、遊技機の事前試験の方法にも手を加え、出玉の波が緩やかになるよう調整をした。

 この「パチンコ規制」は全国紙に大々的に報じられ、業界関連のメディアでは連日大きく特集等が組まれている。またネット上でも、パチンコのファン層、アンチ層問わず、様々な意見が出され喧々諤々の様相を呈しているが、その多くは「パチンコの終焉」、「パチンコ、終わりの始まり」のような論調だ。

 果たして、今回の「パチンコ規制」は、業界にどのような影響を及ぼすのか。

「パチンコ規制」は、それほどのインパクトなのか?

 まずもって、今回の「パチンコ規制」報道により、あたかも今すぐに遊技機のスペックが大きくダウンするような報道がなされているが、それに対しては否定しておきたい。新しい規則の施行は、平成30年2月1日であるし、それ以降の遊技機の事前試験(保通協試験)が新しい規則に則って行われるということ。よって、最短でも新しい基準の遊技機は、平成30年4月以降にホールにお目見えとなる。

 また現在設置されている遊技機についても、即日撤去という形ではなく、検定期間・認定期間(原則として遊技機の使用が認められている期間)は、そのままホールへの設置が許されている。この期間は最大で3年間であり、いわば2年から3年の時間をかけ、ホール内の遊技機が入れ替わっていく。

 そして今回、大きく注目されている「出玉規制」について考えてみる。

 例えば、パチンコ機の大当たり時の最大出玉を2400玉から1500玉に引き下げたこと。

 あくまで最大値の話をすれば、3分の2に引き下げられたことになるが、現在パチンコホールに設置されているパチンコ遊技機のうち、一番稼働が良いと言われている「CRスーパー海物語IN沖縄4」や「CRぱちんこ必殺仕事人V」の2機種の大当たり出玉は1400玉である。

 確かに大当たり出玉2400玉を一番のウリにしている「CR北斗の拳7」のような遊技機は今後設置出来なくなるとしても、ことパチンコにおいては、遊技機試験方法の変更により、一部に影響があるとしても、実はそれほど大きなインパクトは無いのではないかと推測できる。

次ページ「パチンコ規制」は依存症対策に繋がるのか?

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top