通勤中にゴハンが炊ける弁当箱、サーモスが9月発売。お米の「おねば」を制御、美味しく炊けます

IMG_2528-1b6ca5ee116681d16196e3fc448ddb78dd05f72e

魔法瓶のサーモスは、レンジ加熱と保温で移動中にご飯が炊ける新製品「サーモス ごはんが炊ける弁当箱」(JBS-360)を9月1日に発売します。希望小売価格は6000円ですが、店頭価格は3000円台、4000円台になる見込み。

サーモスと言えば、真空断熱構造を採用した魔法瓶で知られる企業です。外側と内側の間に真空を作ることで熱を遮断するという仕組み。新製品となる「サーモス ごはんが炊ける弁当箱」は、この仕組みを使ってご飯を炊いてしまおうというもの。

電子レンジで調理する炊飯器は以前からありますが、お米への浸水時間が必要だったり、10数分の加熱後に蒸らし時間を要していました。また、米が炊きあがる際に発生する粘度のある水分(おねば)が吹きこぼれがちで、お米の味わいを損なうことも。

サーモスの新製品は真空断熱構造の内側に、樹脂製のご飯容器があり、浸水なしで即レンジでチン。米と水を入れて炊飯パーツをセットし、レンジで8分。8分後に容器ごと保温容器にセットして通勤すれば、30分後にはふっくらご飯が炊けているという仕組み。

ちなみに、これまで電子レンジで調理する炊飯器は3台使ってきました。今回、サーモスの新製品で実際に炊きあがったゴハンを試食してみましたが、たしかに炊飯器で炊いたようなもっちり感があります。担当者によれば、同梱の炊飯パーツによって、ゴハンの味を左右する「おねば」をコントロールしているためだそう。

製品の大きさは10 x 9.5 x 12cmで、カラーブラックとホワイトの2種類。お茶碗1杯分に相当する0.7合のご飯が炊けます。ランチに炊きたての温かいご飯が実現するかも。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top