小さいパーツを挿すだけで、スマホの音楽を車内で高音質で楽しめます

20170602-OKARA-01-de5bc18ecbe6090367e85d8cf921fd0debf96068

車内でスマホの音楽を、手軽に高音質で聴きたい! と思っている方に朗報です。カーオーディオのUSB端子に挿すBluetoothレシーバー「OKARA oc.1」が世界初登場。この小さなレシーバーを挿し込むだけで、スマホなどの端末とBluetooth接続でき、手軽にしかも高音質で音楽を楽しむことができるんです。

 

いまや、音楽はスマホで聴く時代。しかし、Bluetooth非対応のカーナビやカーステレオしもまだまだ多い。有線接続は少々面倒ですし、そもそもイヤホンジャックが廃止されたiPhone 7では使えません。

FMトランスミッターを使うという手もありますが、Bluetooth受信した音声をアナログ変換した後に、再びFM電波で飛ばし、カーオーディオ側のFMラジオで受信する構造のため、音にノイズや歪みが発生し、15KHz以上の高音域は再生されないなど、高音質とは言い難かったりします。

そこで、ヤマハ出身のエンジニア2人が創業した「QUICCO SOUND(キッコ サウンド)」が開発したのが、「OKARA oc.1」です。

USBに差し込む形にすることで、すべてのデータ転送過程をCDクオリティのデジタル音声で行うことが可能となりました。

ノイズや歪みはゼロに、高音域は20KHzまで再生可能な優れた音質を実現。さらに、標準コーデックSBCに加え、高音質コーデックaptX、AACにも対応しています。セットアップも、USBメモリのように挿して通常のようにペアリングルするだけと簡単。

一度ペアリングしてしまえば、二度目からはエンジン始動とともに自動で再接続され再生が始まるという手軽さで、カバンやポケットからスマホを取り出して操作をする必要すらありません。

「あれ? でもカーオーディオのUSB端子ってオーディオ入力用じゃないよね?」と疑問を持ったあなた、鋭いですね。そう、「OKARA oc.1」は、あたかもUSBデバイス上にオーディオファイル(.wav)が存在するかのように振る舞い、カーオーディオがファイル読み込みを行うというキッコサウンド独自の技術によって、それを可能にしたのです。これが、世界初技術「仮想オーディオファイル技術」です。

現在「OKARA oc.1」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクトを公開中。1個25%オフの4500円コースなどを用意しており、出荷は8月中旬を予定しているそう。これがあれば車内の音楽ライフがいっそう充実しそうです!

>> Makuake「OKARA oc.1」

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top