「家の鍵閉めた?」の不安をスマホで解消 — auが個人向けIoT『HOME』、月490円で7月開始

DSC09694-be9a862c0c7e02e35924e8442b2b094d25686eb7

自宅の鍵を閉め忘れをスマホでチェックできる。そんな個人向けIoTサービス「au HOME」をauが7月下旬以降に開始します。

センサーやネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」を活用し、外出先でも家族や自宅の状況把握、家電の遠隔操作などが行なえます。

au HOMEは、「auひかり」ユーザーが月額490円(税別、以下同)で利用できる個人向けIoTサービスです。基本利用料に加え「au HOMEデバイス」を購入することで、自宅で手軽に利用できます。

サービス開始当初に提供するau HOMEデバイスは次のとおりです。

  • 鍵 開閉センサー01・・自宅の鍵の開閉状態、開閉履歴がアプリからわかる
  • 開閉センサー01・・窓の開閉状況や開閉履歴がアプリからわかる
  • マルチセンサー01・・窓の開閉状況、温度・湿度・照度および履歴がアプリからわかる
  • マルチセンサー02・・人・ペットが動いた状況や、温度・湿度・照度、および履歴がアプリからわかる
  • ネットワークカメラ・・外出先でも自宅の中がアプリから確認でき、会話も可能。

au HOMEデバイスは今後も続々追加する予定。秋以降に発売する「スマートプラグ」は、コンセントとプラグの間に挟むことで、利用電力量をアプリで確認可能。「赤外線リモコン」は、自宅の赤外線機器(エアコン、照明、TVなど)のON / OFFをスマートフォンでコントロールできます。

当初は「auひかり」限定だが

7月のサービス開始時点でau HOMEを利用できるのは、KDDIの光ファイバーサービス「auひかり」の利用者に限られます。これでは利用できるユーザーが限られそうですが、KDDIの田中孝司社長によれば、対象ユーザーはauひかり以外にも拡大予定としています。

また、利用できるIoTデバイスは、auが発売する「au HOMEデバイス」に限られます。サードパーティー製デバイスへの開放についてKDDIの山本 泰英氏(商品・CS統括本部長)は、明言を避けつつも前向き姿勢。さらに、田中社長は、au HOMEとグーグルの音声入力アシスタント「Googleアシスタント」との連携にも意欲を示しました。

(更新中)

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top