「Opera Mini」なら速度制限知らず(かも)!毎月のデータ通信量を大きく節約できます:iPhone Tips

001-d0e176e299d48e57a5ce1f4df944fcaa9406b4ac

データを節約できる

「Opera Mini」は通信時に発生するデータを節約できるブラウザアプリです。使い方は、「Opera Mini」からいつも閲覧しているウェブサイトを開くだけ。実際にどのくらいデータを節約できるか、見てみましょう。

「Opera Mini」を開くと、「スピードダイヤル」という画面が表示されます。この画面から「Google」や「Facebook」などのアイコンをタップすると、該当するウェブサイトにそのままジャンプできます。ここでは、「Google」から特定のページを開いた場合のデータ消費量を検証しました。

▲「Opera Mini」を開き、「Google」をタップ(左)。「Google」からウェブサイトを開いた(右)

「Opera Mini」で節約したデータ量を確認するには、画面下にある「O」というアイコンをタップしましょう。


▲「O」をタップ(左)。節約したデータ量が表示された(右)

上の写真では、通常21.8MB発生するデータのうち、10.3MBの節約に成功したことがわかりました。

広告のブロックもできる

「Opera Mini」でウェブサイトを閲覧すると、広告をブロックすることもできます。広告のブロックは、画面下の「O」のアイコンをタップして行います。


▲画面下の「O」をタップ(左)。「>」をタップする(右)


▲「データ圧縮」画面が表示された。「広告をブロック」のスイッチをオンにし、「完了」をタップする

これで、広告のブロックが有効になりました。実際に広告が非表示になるのか、確認してみましょう。


▲広告のブロックが有効な場合(左)。無効な場合(右)

ちなみに、「データ圧縮」画面では「ビデオブースト機能」のスイッチがオンになっていることがわかります。「ビデオブースト機能」が有効だと、動画を再生しているときもデータが圧縮されるので、頻繁に動画を閲覧する人には便利な機能です。

いつも使うサイトを「スピードダイヤル」に登録しよう

「スピードダイヤル」は、「Opera Mini」を起動したとき最初に表示される画面です。この「スピードダイヤル」画面に、お気に入りのウェブサイトを登録しておけば、「Opera Mini」を開いてからワンタップで、目当てのサイトを閲覧できます。

ここでは、ウェブサイトのURLを入力して、「スピードダイヤル」を追加する方法を紹介します。


▲「Opera Mini」の「スピードダイヤル」画面を開き、「+」をタップ(左)。追加したいサイトのURLを入力する。ここでは、YouTubeのURLを入力した。次に、「開く」をタップ(右)


▲「スピードダイヤル」にサイトを追加できた

編集部追記:ウェブブラウジングの際の通信量を減らす機能は、たとえばChromeアプリにも「データセーバー」という機能として搭載されています。iOS標準のSafariでも、コンテンツブロッカーアプリなどを導入することで、広告および余分なスクリプトの読み込みを止めることで、結果として通信量を節約できる場合があります。好みに応じてお使い分けください。そしてEngadget日本版をご覧の際は、ぜひ広告も含めてお楽しみください。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top