トラブル続きのユナイテッド航空で今度はコクピットへのアクセスコードがオンラインで流出

00-c9d3ee8d507608ed1163dac9f0e317a6435e2abc

By Tomás Del Coro

すでに搭乗・着席済みだったデービッド・ダオ医師を飛行機から無理やり引きずり下ろした動画がネットで拡散されて非難を浴び、その後には機内で乗客がサソリに刺されるなどトラブル続きのユナイテッド航空で、外部からコックピットに入る時に使うアクセスコードがネットに流出するという出来事が起こっています。

United’s Cockpit Door Security Codes Inadvertently Revealed – WSJ
https://www.wsj.com/articles/uniteds-cockpit-door-security-codes-inadvertently-revealed-1494794444

United Airlines says cockpit door access info may have been made public – CBS News
http://www.cbsnews.com/news/united-airlines-says-cockpit-door-access-information-may-have-been-made-public/

Cockpit access codes for United Airlines spill online | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2017/05/cockpit-access-codes-for-united-airlines-spill-online/

テロリストがコックピットに乱入して飛行機を乗っ取り、今はなきニューヨークのワールドトレードセンタービルなどに突っ込んで多くの被害者を出した2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降、世界の航空各社はコックピットへの乗客の立ち入りを厳しく制限しています。それまでは比較的容易に入ることができたコックピットですが、現在ではパイロットによってコックピット内側から鍵がかけられ、入室するためには専用のアクセスコードを入力しないと扉が開かない仕組みになっています。

そのアクセスコードが流出したというのが今回の「事件」なのですが、今回はさらに流出経路も問題視されています。アクセスコードはネット上に書き込まれたことで世に出てしまうことになったのですが、その書き込みを行った人物は不正にコードを入手したハッカーなどではなく、乗務員の一人だったことが判明しています。

アメリカの航空機パイロット協会(ALPA)は「問題は解決済み」と発表しているとのこと。ユナイテッド航空は全従業員に宛てたメールの中で「事件」に触れ、問題を起こさないための「是正措置プラン」の作成に取り掛かっていることを表明しています。また、パイロットに対しては、入室しようとする人物がいる場合はドアを開ける前にカメラの映像を通してどのような人物であるかを確認する手順を順守するように注意喚起しているとのこと。この手順に従って行動すると、たとえセキュリティーコードが知られてしまっていても第三者がコックピットに乱入する事態は防げるとしています。

By Paul Thompson

・関連記事
飛行機のオーバーブッキングで搭乗できなくなることを避けるための対策とイザという時の対処方法 – GIGAZINE

少女が「レギンスを着替えないと搭乗できない」と対応されたことに大きな反応、航空会社が「レギンス大歓迎」と声明を発表する事態に – GIGAZINE

あるツイートが原因で旅客機の乗客が搭乗を拒否される事件が発生 – GIGAZINE

ダイバート(目的地外着陸)するエアチャイナの飛行機に乗り合わせてしまったので一部始終を記録してみた – GIGAZINE

「お客様のなかにお医者様はいらっしゃいませんか?」で実際に医師が対処した結果、わかってきた問題点とは? – GIGAZINE

・関連コンテンツ

79

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top