なんでもタッチパネル化する塗料「Electrick」発表。電界トモグラフィ応用、単純低コストで実用化まもなく

sub01-aba714a6a15f0ed6b4109671672bf11f0723e254

 
カーネギーメロン大学の未来インターフェース研究グループが、塗るだけで物体の表面がタッチパネル化する謎の塗料を発表しました。塗料はスプレー塗布も可能で、あらゆる場所にタッチ操作機能を低コストで供給できます。

謎の塗料「Electrick」の正体は、カーボンを含む導電性スプレー塗料(または導電性材料とプラスチックの混合物)。スプレー塗布する方式であるため、どんな形状のものでもその表面をタッチパネル化できるのが大きな特徴です。
 

 
とはいえ、ただ塗料を塗りたくっただけで物体がタッチパネル化できるというわけでも当然ありません、導電性をもたせた表面から信号を拾う原理は、電界トモグラフィー技術を利用しています。仕組みを大雑把に説明すると、まず複数の対となる電極を配置しておき、それらに順番に微弱電流を流します。そこへ指が触れると、そこから電流が逃げ出すために電圧が低下します。複数の対それぞれでの電圧の下がり具合を比較すれば、指が表面のどこに触れているかを把握できるということです。

Electrikはマルチタッチ対応も「できなくはない」とのこと。ただし分解能が低いため、あまり近距離をタッチした場合は正しく認識できない可能性があります。

 
研究グループは動画でElectrikの可能性をわかりやすく解説しています。特にエレキギターを使った例では、ギターのボディにゴテゴテとスイッチやボリューム類を足すことなくフィルター変更やトレモロ機能を追加できることを示しています。

また動画では自動車のハンドルにElectrickを塗布して特定の位置に触れて車内むけのアプリケーションと連動させる例も示しています。近年の自動車にはあらゆる機能ボタンが備わっていますが、これをスプレー塗料で代用できるとすれば、NARDIやMOMOといった社外ステアリングに交換しても、車内エンタメ機能をハンドル上で操作するといったことができそうです。
 

 
さらに別の使い方を考えるなら、スマートフォンの保護ケースに機能を付加することも考えられます。特定の持ち方でカメラや指定したアプリを起動できれば便利そうです。

研究グループのChris Harrison氏は、Elextrickは単純な仕組みなので、ノイズ対策など性能の最適化ができれば、1年足らずでElectrickを専用回路を収めたチップとともにパッケージ販売もしくはソフトウェア化できるだろうと述べています。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top