iPhoneで撮った「動く写真」がウェブサイト貼付けに対応。アップル、 LivePhotosKit JS APIを公開

feedlogo-567b7c73dc353f969a6322276691d1041370b609

 
アップルが、iPhone 6s /6s Plusで撮影できる動く写真こと Live Photos をウェブサイト上で表示可能にするJavaScript API「LivePhotosKit JS API」を公開しました。サイトにあらかじめAPIを組み込んでおけば、Live Photosデータを画像や動画のようにDOM要素として扱うことができます。

Live PhotosはiPhone 6s以降が搭載する、シャッター前後1.5秒間の映像と音声を保存する機能。iPhone 6s以降ではデフォルトでオンになっているため、もし機能を知らなければ撮影した写真すべてがLive Photos方式で保存され、ストレージがすぐいっぱいになると悩んだ人もいるかもしれません。

ただ、せっかくの動く写真もiPhoneやiPadといったiOSデバイスまたはMacでしか表示することができません。TumblrやGoogleフォトは独自にサービス内での表示対応を果たしてはいるものの、その他の一般的なウェブサイトではこれまでLive Photoを再生する方法がありませんでした。

そこへようやく、アップル謹製のAPIが出たことで、普通にウェブサイト上で表示可能となるわけです。サイト上に表示したLive Photos画像は、右上に丸い再生マークと”LIVE”の文字が表示され、マウスカーソルをホバーさせることで動かすことができます

LivePhotosKit JS APIのウェブサイトへの組み込み方は、アップルのリファレンスページに詳しい解説があります。またJavaScriptモジュール管理ツールnpmにも対応しているため、Live Photos対応させるウェブサイトの要件に合わせて使い方を選択可能です。

「ぶっちゃけ、アニメGIFでいんじゃね?」という囁きが聞こえるような気がするのはたぶん空耳だとして、今後はLive Photosで撮影した動く写真が、あちこちのサイトで見られるようになりそうです。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top