「Webの父」ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞

170406_timbl-489e9aab5ae24ccb812cbb6c49e4f3213793f179

コンピュータ界のノーベル賞、ついに受賞。

ACMによると「Webの生みの親」ことティム・バーナーズ=リーが、コンピュータ界のノーベル賞に相当すると言われるチューリング賞を受賞しました。っていうか今頃?という感じもしないでもないんですが、とにかくおめでたいです。

チューリング賞は年1回、「コンピューティング界に対し、長く残る技術的貢献をした個人に贈られる」とされています。過去の受賞者でよく知られている人には、たとえば2003年に受賞した「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイが、2004年に受賞した「インターネットの父」ロバート・カーンとヴィント・サーフなどがいます。Webの発明は1991年なので、その次あたりにポポポンとバーナーズ=リーが受賞してもよかったんじゃないかと思ってしまうんですが、コンピューティングの世界には我々が知らない偉人もたくさんいるんですね。というか上記の人たち以外の受賞者はその筋でのみ有名な人ばかりで、バーナーズ=リーは多分、史上もっとも世に知られたチューリング賞受賞者のひとりになるんじゃないでしょうか。

チューリング賞受賞が今に至ってしまったとはいえ、バーナーズ=リーはその他のいろんな賞やら名誉称号をたくさんもらっていて、彼の受賞歴だけでWikipediaが1ページ立つくらいです。たとえば2002年には、150年の歴史を持ち、ルイ・パスツールやグラハム・ベルも受賞した英国のアルバート・メダル、2004年には大英帝国勲章ナイト・コマンダーという具合です。名前に「サー」が付くのとチューリング賞どっちがかっこいいかわかりませんが、それでもやっぱり、世界最高の権威を持つとされるチューリング賞の受賞は大きな意味を持ちます。

そして今回、名誉だけじゃなく賞金100万ドル(約1億1000万円)と大きな金額です。といっても、Webの偉大さを考えると全然釣り合わない感じですね。そしてその100万ドルを出してるのは、Webのおかげで毎年何百億ドルの収益を上げているGoogleだそうです。まあでも、バーナーズ=リーみたいな人にとっては、お金が目的じゃないんですよね。

61歳のバーナーズ=リーは今もマサチューセッツ工科大学(MIT)とオックスフォード大学で教授を務め、またWorld Wide Webコンソーシアム(W3C)のディレクターとして精力的に活動しています。そして彼は今、自身が生んだWebの現在のあり方に強い懸念を表明しています。

チューリング賞受賞にあたってのThe Guardianからのインタビューでも、米国で連邦通信委員会(FCC)のプライバシールールが撤回されたに関連し、彼はこう語りました。

アメリカのコアをなす価値観であるプライバシーは、政党とは関係ありません。民主党もそれを求めて戦うし、共和党も同様に、もしくはそれ以上に、(プライバシーのために)戦うものです。だから私は、共和党がそれを捨てるべきと提案しようとしたことに非常に衝撃を受けています。この方向に進もうとする者がいれば、大きな反発を受けることでしょう。そしてその反発は、あって当然なのです。

バーナーズ=リーは今、ネットの新たなあり方について個人情報管理やビジネスモデルなどさまざまな面から提言をしています。我々が毎日当たり前のものとして使っているWebですが、変わっていくべきときに来ているのかもしれません。

ともあれバーナーズ=リーさん、おめでとうございます! そして、Webという素晴らしい発明をありがとうございます!

Webの父、ティム・バーナーズ=リーがインターネットの未来に警鐘を鳴らす

image: Wikipedia
source: ACM, The Guardian
reference: ACM, Wikipedia, CNN

Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文
(福田ミホ)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top