日本取引所グループと包括的協力協定を締結したサウジ証券取引所とは?

32441582306_8dd1cf794b_z--ece24fc5630ca249eb6cdd6981c7b161f016c682

photo by Dick Thomas Johnson via flickr(CC BY 2.0)

 3月14日、東証や大証などを傘下に持つ日本取引所グループ(「JPX」)とサウジ証券取引所(「タダウル」)は、両市場間の包括的な協力協定(Memorandum of Understanding)を締結した。

 清田 瞭(きよたあきら)日本取引所グループCEOはリリース内で「現在、タダウルは資本市場開放や市場機能の強化を大変早いスピードで実施していますが、お互いの市場の更なる発展のため、今後協業していくことを期待しています」とコメントしている。また、ハーリド・アブドゥッラー・アール・ハサン(Khalid Abdullah Al Hussan)タダウルCEOのコメントの中で「本MOUはタダウルの資本市場育成計画とも整合的で、世界に開かれた先進的な資本市場の構築を掲げる「サウジアラビア・ビジョン2030」とも関連しています」としていることから、資本市場の構築や解放に関しては、JPXの知見がタダウルに活用されることが期待されていると推察できる。

 上場証券の重複上場、共同マーケティング・プロモーションに関しては、2018年に予定されているサウジ国営石油会社のサウジアラムコの新規株式公開(IPO)に際して、JPXがサウジアラムコのIPOを東証で実現したいという意向があるものと見られる。

サウジ証券取引所(タダウル)とは?

 サウジ証券取引所(タダウル)は、2007年に設立された、サウジアラビア王国で証券取引所の役割を担う唯一の(国営)企業である。

 タダウルは、証券の上場、売買、決済、保管・振替及び名義書換などの業務を遂行しており、タダウルの法的位置付けとその義務・責任は資本市場法により規定されている。タダウルの資本金はパブリック・インベストメンント・ファンドが全額出資している。タダウルはIOSCO(証券監督者国際機構)の協力会員であり、WFE(国際取引所連合)とAFE(アラブ取引所連盟)に加盟している。

 株価指数としては、上場全株式を対象とした Tadawul All Share Index(TASI)がある。(参照「タダルウ」))

 2017年3月16日時点で、177社がタダウルに上場している。(参照:Tadawul Listed Companies

 産業セクター別の上場企業数と時価総額とは必ずしも一致しないが、時価総額ベースでは、金融セクターとエネルギーセクターの占める割合が大きい。金融セクターには、世界最大のイスラーム銀行である「ラージヒー銀行」 が上場している。また、サウジアラビアの公的な持株会社でサウジアラビア最大の投資会社「キングダム・ホールディング・カンパニー」、石油化学大手の「サウジアラビア基礎産業公社」なども上場している。

次ページ外国人投資家は投資できる?

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top