資生堂がマスク美人になれるメイク術を公開中 / メイクがくずれてもばれにくいメイクってどんなの?

eye1-04b23e4f19a743acc5dae3026b2908e497cde4ad

風邪やインフルエンザ、ちょっと暖かくなってきたら、今度は花粉がバンバン飛ぶようになる。冬から春にかけてのこの時期、マスクが手放せないという方も多いことでしょう。私もここのところ毎日、マスク付けているもんなぁ。

どうせなら、マスクをしていても綺麗に見せたい。それが乙女心というもの!

「資生堂」が提唱する「マスク着用でも魅力的にみせるアイメイク術」を参考に、目元のメイクに工夫を加えてみるといいかもしれません。

【「マスク美人」アイメイクのポイントは4つ】

マスクをすると、人の目に留まる部分が目元のみになります。だからこそ、マスク美人となるためには、アイメイクは重要な要素! 

資生堂のニュースリリースによると、目元をより魅力的に見せるためのメイクのポイントは、次の4点のようです。
eye

eye

1. アイシャドウは、化粧くずれが目立たない明るめのトーン(ピンク系やベージュ系)を選ぶべし!
2. ポイントは「目のキワ」。くずれにくいクリーム系のアイライナーを使用して、目尻を長めに演出するべし!
3. マスカラはくずれにくいウオータープルーフタイプを使用するべし!
4. 目もとをさらに強調したい場合は、目尻側につけまつ毛とウオータープルーフのリキッドアイライナーをプラスするべし!

【花粉の時期はつけまつ毛のほうがベター?】

花粉で涙が出る人もいるでしょうし、アイメイクにウォータープルーフは欠かせませんよねぇ。まつ毛に関してはエクステのほうが楽なのでしょうが、花粉がついてしまう怖れがあるから、取り外しできるつけまつ毛のほうが無難かも?

【メイクくずれが気になる夏にも応用できそう!】

注目すべきは、「メイクがくずれること」を前提にアドバイスしてくれている点。ということは、汗が気になる夏場にも参考になりそうですよねっ。

4つのポイントを踏まえて、目指せマスク美人! 今日からさっそく、お試しあーれ♪

参照元:資生堂 ニュースリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top