新機能「まくらモード」!最新レイコップで頭のニオイをケアできます

raycop2_1017-720x720-3a9512363d56543a21414f060a3363c8b6abed05

雨の日や花粉の強い時期は、外に布団を干せないですよね。そこで颯爽と登場したのが、ハンディ感覚で掃除ができる“ふとんクリーナー”の「レイコップ」。睡眠環境を整えるために人気を博した一台ですが、新たなアップデートが発表されました。

最上位機種として登場する「レイコップ RX」は、脱臭機能を備えた“まくらモード”を搭載しているとのこと。頭のニオイって確かに気になりますからね。

■掃除の精度を上げる自動モードやアクティブパンチブラシなど、新機能を搭載!

レイコップ独自の新技術「ホメスタイオン」を搭載した「まくらモード」では、「ホメスタイオン」と、70℃の温風が出る「ドライエアブロー」を3分間送り続け、まくら内の水分や悪臭・雑菌を取り除きます。それにより 99%除菌・90%以上の脱臭率を実現したそう。

やり方は簡単。枕の上にレイコップを設置しスイッチを押すだけでに「ホメスタイオン」と「ドライエアブロー」を枕全体に送ることができます。

<ホメオスタインとは?>

レイコップが開発した「ホメスタイオン」は、OHラジカルにオゾンを独自に調整することによって、除菌だけでなく、脱臭にも効果を発揮する機能です。これにより細菌や悪臭物質を効率よく寝具から取り除くことができます。 
 
〈除菌のメカニズム〉 脱臭オゾンとOHラジカルが細菌の細胞壁を破壊すること で、菌を死滅させます。※人体に影響はありません。 
 
〈脱臭のメカニズム〉 脱臭オゾンとOHラジカルの強力な酸化作用により悪臭物質を分解します。

raycop_170212_03 ▲手元のウインドウで「自動モード」「サイレントモード」「まくらモード」「パワフルモード」の4つを選べる

他にも新機能として「自動モード」があり、圧力センサーが敷き布団・掛け布団・毛布など、あらゆる寝具の通気性を自動検知することで、その寝具に最適なモードに自動で切り替わります。これで従来より使いやすさがアップ。ハウスダスト除去率は3分で90%以上を実現したとのこと。

raycop_170212_04

さらに、“ふとんブラシ”と“叩き”が別々だった従来品に対し、2つの機能を統一して進化させた「アクティブパンチブラシ」も。可動式パンチが18個搭載されており、ブラシが回転すると、遠心力で可動します。

レイコップ全製品に採用されている「光クリーンメカニズム」のUV除菌は、引き続き搭載。これから訪れる春の季節に合わせて、良い睡眠環境を手に入れるためにも、枕を含めた布団ケアを考える一台になりそうです。

発売は2月23日。価格は6万9660円。

>> レイコップRX

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top