警察庁犯罪統計ではパチンコ・ギャンブル関連犯罪件数わずか0.7% 世論を煽る大手メディア

roulette-1253624_1280-550x366-52097c79b2f361c61220933f155e465c90c7a237

ギャンブルの金欲しさによる犯罪は全体では極めて少なかった

 2月3日に発表された警察庁の犯罪統計(暫定値)によれば、昨年1年間に全国で摘発された刑法犯のうち、パチンコに使う資金調達が犯行の動機・原因だったものは1329件に上ることが分かった。

 競馬や競輪などのギャンブル目的の犯罪は999件。もともと犯罪統計では、動機・原因の分類を「遊興費充当」としていたが、IR推進法案に伴う議論の過程でパチンコやギャンブルを個別の動機として分類をすべきとの指摘を受け、2015年から別途個別に集計した。要はテレビのニュースで、罪を犯した人の動機として報じられる「パチンコのお金欲しさに…」というあれである。

 パチンコ、ギャンブルの資金調達が動機と思われる犯罪件数は総じて2328件。果たして、この数字は多いのか少ないのか。警察庁の「平成28年犯罪統計資料」(暫定値)を通じて検証してみたい。

次ページギャンブル関連の犯罪はたった0.7%

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top