「いらすとや」のフリー素材を使って入力した文章を画像に変換する「いらすとか」

00_m-483c165dc4749d577f855decab03db9f529ad337

入力した文章を、かわいいイラストのフリー素材集「いらすとや」のイラストを使った画像に変換してくれるウェブアプリが「いらすとか」です。

いらすとか -文章をいらすとに変換!
http://いらすとか.tech/

使い方は簡単で、画面中央にあるテキストボックスに画像化したい文章を入力して「いらすと化」をクリック。

すると、「完成いらすと」部分に自動生成された画像が表示されます。生成した画像はTwitterやFacebookで共有することが可能。もちろん生成された画像は右クリックから保存すれば、友人との会話の中で使ったりプレゼン資料に挿入したりできます。

いらすとかでは「形態素解析」「係り受け解析」「重要度推定」といった技術で文章の中の重要な単語を推定し、それを元に画像を生成しています。素材がない単語が重要と判断された場合には、ウェブ上の情報を基にして画像化しれくれるそうです。

というわけで、実際にどれくらいの精度で画像を自動生成してくれるのかいろいろ試してみました。

「ある日森の中くまさんに出会った」だけだと、肝心の「くまさん」のいない画像が生成されてしまったので……

より長い文章「ある日森の中熊さんに出会った花咲く森の道熊さんに出会った」で画像を生成するとこんな感じ。文章が短いから正確に狙い通りの画像が生成されるというわけではなく、思いもよらぬ画像が生成されることもあります。

「ビートたけし」で生成するとこう。著名人の場合は人名で正確に画像生成可能。

「GIGAZINE」だとこう。謎の「Brown」はどこから出てきたのか……。

一部の文章は画像化できず「いらすと化できませんでした…」と表示されます。

「いらすとか」を使ってどんな画像が生成されているのか知りたい場合は以下のリンクをクリックもしくは、「#いらすとか」のハッシュタグで検索すればOK。

ハッシュタグ #いらすとか

なお、「いらすとか」はYahoo!JAPAN主催のクリエイティブイベントであるHack Day 2017の中で行われた「24時間ハッカソン」で作成されたウェブアプリ。Hack Day 2017の様子はニコニコ生放送およびYouTube上でライブ配信されており、以下の動画の58分50秒辺りから「いらすとか」を制作したチームの発表の様子を見ることができます。

クリエイターフェス「Yahoo! JAPAN Hack Day 2017」生中継 #hackdayjp – YouTube

・関連記事
「アイドルの顔画像ジェネレーター」をGoogleの機械学習システム「TensorFlow」を応用して開発した人が現る – GIGAZINE

画像内の文字や数式をコピペ可能なテキスト形式に変換可能な「Mosha」 – GIGAZINE

画像を文字に変換する「TEXT-IMAGE.com」 – GIGAZINE

751

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top