HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2016年版、故障率が最も高かったのは?

00_m-8f44904f6297361bd9d43745fe853cec0b044cc5

自社でクラウドストレージデータセンターで運用しているBackblazeが7万2100台のHDDを調査し、2016年におけるHDD故障率のメーカー・モデル別統計データを公開しました。

2016 Hard Drive Reliabilty Benchmark Stats
https://www.backblaze.com/blog/hard-drive-benchmark-stats-2016/

Backblazeが公開したHDD故障率の表。左から「メーカー名」「モデル」「ディスク容量」「運用台数」「購入からの平均期間」「運用期間」「故障回数」「故障率」となっています。

「8TB」モデルは、HGSTの「HUH728080ALE600」とSeagateの「ST8000NM0055」が故障率0%ですが、Seagateの「ST8000DM002」は故障率が1.63%。故障率が高かった「ST8000DM002」は運用台数が8660台と、他の2機種に比べて非常に多くなっています。

「6TB」は、Seagateの「ST6000DX000」とWDCの「WD60EFRX」の2機種。「ST6000DX000」は故障率が0.85%ですが、「WD60EFRX」は5.49%を記録。

「5TB」は東芝の「MD04ABA500V」の1機種のみ。45台の運用で故障率は2.22%でした。

最も多くの機種が運用されている「4TB」モデル。HGSTは全ての機種において故障率1%以下をマーク。東芝の「MD04ABA400V」の故障率は0%となっています。「4TB」モデルで故障率が高かったのはSeagateの「ST4000DM000」と「ST4000DX000」、WDCの「WD40EFRX」。特にSeagateの「ST4000DX000」は故障率が13.57%を記録し、全てのモデルを含めてのダントツのトップになっています。

最後は「3TB」モデル。最も故障率が高いのは東芝の「DT01ACA300」で4.32%、次にWDCの「WD30EFRX」が3.27%で続き、HGSTの「HDS723030ALA」が2.22%、「HDS5C3030ALA」が0.75%となっています。

・関連記事
SSDの低価格化傾向が弱まり価格上昇局面に突入する危険性が指摘される – GIGAZINE

HDD故障率データの公開で知られるBackblazeがHDDの歴史を解説 – GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2016年第3四半期版をBackblazeが公開 – GIGAZINE

デスクトップPCをいかに速く組み立てるかを競う「Speed Building」で苦戦する猛者たち – GIGAZINE

Western Digitalが初のコンシューマ向けSSD「WD Blue」と「WD Green」を発表 – GIGAZINE

369

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top