卒業旅行におすすめ!3万以内で行ける海外旅行先5選

ryoko20-2b5a6588de0c83a83ca88a415a9e253f2bd70101

3万円あれば海外へ行ける!

アジアは旧正月(春節)を祝う国も多い

3万円の予算があれば、海外旅行にも行けちゃいます。狙うは安近短(安くて近くて短い旅程で行ける)アジアの国々。アジアへはフライト数も多く、LCC(格安航空会社)が就航している国や都市も多いので、格安ツアーも充実しています。さらに、東京・大阪・名古屋以外の地方都市からも直行便が飛んでいることが多く、全国各地から行きやすいのもポイントです。

近さでいえばグアムも人気ですが、ツアー料金は3万円台後半~。また、フィリピンのセブ島もグアムと同じくらいの予算で行けます。

卒業旅行の時期に注意したいのが、中国や台湾、香港、韓国などの旧正月(春節)です。旧正月の時期はお店が休みになったり、現地の人の帰省や旅行で交通機関が混み合ったりします。ただ一方で、新年らしい派手な飾りやイベントでお祭り気分を楽しめるというメリットも。国によって状況も違うので、事前にチェックしておくと安心です。なお、2017年の旧正月は1月28日(土)です(休みの期間は年や国によって変わります)。

※以下、記事中のツアー料金は、格安ツアー料金の一例(目安)です。予約時期などによっては同じ料金帯のものが見つからないこともあると思いますがご了承ください。

バンコク(タイ)

ワット・ポーの寝釈迦

ワット・ポーの寝釈迦

かなり昔に「タイは、若いうちに行け」というタイ国際航空のキャッチコピーがありました。ニューハーフショーやゾウ乗り体験など、ユニークで刺激的なアクティビティが多いタイは、学生の卒業旅行にもぴったり! ツアー料金は2泊4日や3泊5日で2万5000円前後~(フライトスケジュールによっては2泊3日や3泊4日もアリ)。安いツアーは乗り継ぎ便、もしくはタイ・エアアジアXやスクートなどLCCの直行便を使ったものが多くなっています。

バンコクは乾季、暑季、グリーンシーズンの3つの季節にわけられますが、11~3月は乾季にあたり、暑さもそれほど厳しくなく、観光に適しています。なお、ゾウ乗り体験はバンコク市内ではなく、近郊にスポットがいくつかあります。

台北(台湾)

九分

九分(分はにんべんに分)へ足を伸ばすのもおすすめ

台湾は雑誌でもたびたび特集が組まれる人気の旅先です。1泊2日や1泊3日の弾丸ツアーも多く、料金は1万5000円~と格安(ただし、深夜・早朝発便利用などスケジュールがハードなツアーも多いですが……)。羽田からはピーチ・アビエーション、成田・関空・名古屋からはジェットスター・ジャパンなど、日本各地からLCCが飛んでいるのも安さの理由。3万円近く出せば3泊4日、運がよければ4泊5日のツアーが見つかることもあります。

台北は、小籠包やマンゴーかき氷、パイナップルケーキ、夜市の屋台など、安旨グルメの宝庫なので、現地での食費も安くあげられます。台北だけでなく、近郊にある港町の「淡水(たんすい)」やノスタルジックな街並みが魅力の「九分(※分はにんべんに分)」へ足を伸ばすのもおすすめです。

香港

香港トラム

香港のトラム

2泊3日のツアー料金は2万円台~。3万円近く出せば3泊4日のツアーも見つかります。楽しみどころは多いので、できれば3泊4日がおすすめ。レトロとモダンが入り混じった街並みは歩いているだけでワクワクします。スターフェリーやオープントップバス、トラムなど、いろいろな乗り物があるので、移動自体もアトラクション感覚。毎晩ヴィクトリア・ハーバーで繰り広げられる音と光のショーも、無料とは思えない豪華さです。香港ディズニーランドは中心地からMTR(地下鉄)で約30分と近く、日本よりこぢんまりとして待ち時間も少ない穴場。LCCは成田からバニラエア、関空からはジェットスター・ジャパンやピーチ・アビエーションが直行便を飛ばしています。

上海(中国)

上海の街並み

上海の街並み

グルメや観光、ショッピングとお楽しみがいっぱいの上海は、2泊3日で1万円台半ば~。2万円前後のツアーは簡単に見つかります。上海のツアーは割安感があり、3万円近く出せば、シェラトンやリッツカールトンなど憧れの外資系ホテルに泊まれるツアーが見つかることも。

上海の注目のスポットといえば、高さ632メートルを誇る世界2位のビル「上海タワー」。そして、2016年オープンしたばかりの上海ディズニーランド。後者は、最近モデルで女優の菜々緒さんがInstagramに写真をアップしたことでも話題になりました。格安ツアーの中にも上海ディズニーランドの入場券が付いたものやオフィシャルホテル「トイストーリー・ホテル」に泊まれるものもあります。

ソウル(韓国)

サムゲタン

参鶏湯(サムゲタン)も人気の韓国料理

安近短の旅先の代表格といえば、ソウル。日本から約2時間半のフライトです。ツアー料金は2泊3日で1万円台前半~。日本全国各地から直行便が出ています。人気のアクティビティはグルメやショッピング。ちなみに韓国で焼き肉というと、牛より豚がポピュラーです。冬のソウルは寒いので辛い料理で温まるのもいいですね。

近場のアジアの国々は思いったらすぐに旅立てる気軽さが魅力。友だちとスケジュールが合うとわかったら、すぐに計画してみては?

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top