卒業旅行におすすめ!5万以内で行ける海外旅行先5選

ryoko14-298828d649f0eb2add1d2773b93c88a948f63867

5万円なら中距離の東南アジアも行ける!

ベトナムのフォー。アジアは安旨グルメの宝庫

予算が5万円あれば、アジアのほとんどの国に行けます。アジアは物価が日本より安い国も多く、現地滞在費が安く済むのも嬉しいポイント。ビーチリゾートや世界遺産など、楽しみも多彩です。ちなみに人気のハワイは5万円台後半~なので、あと少し予算をプラスすれば手が届きます。

格安ツアーの場合、乗り継ぎ便や深夜・早朝便を使うことも少なくありません。そのため同じ6日間でも、ツアーによっては4泊6日になったり、3泊6日になったりします。ツアーをチェックするときは、価格だけでなく現地滞在時間など細かいところまでみておくと安心です。

ビーチリゾートはシーズン(乾季・雨季)によっても印象が変わります。東南アジアでは、雨季といってもスコールとして一時的に降るだけのところが多いのですが、最近は日本でも異常気象がいわれるように、雨季に雨が一日中降り続いたり、季節がわかりにくかったり……ということもあるようです。

※以下、記事中のツアー料金は、格安ツアー料金の一例(目安)です。予約時期などによっては同じ料金帯のものが見つからないこともあると思いますがご了承ください。

シンガポール

シンガポール

進化し続けるシンガポール

近年、開発が目覚ましいシンガポールへは、2泊4日の弾丸ツアーで3万円台前半~。成田や関空発の格安ツアーには、LCC(格安航空会社)のスクートを利用したものをよく見かけます。シンガポールの11~2月頃は雨季ですが、スコールのようにザッと降るだけ。むしろ雨によって気温が下がるので、乾季より過ごしやすいと感じる人も少なくありません。

シンガポールのアイコン的ホテル「マリーナベイ・サンズ」はこの予算で泊まるのはちょっと難しいですが、展望台なら宿泊者以外ものぼれます。また、本島の南にあるセントーサ島には水族館やビーチ、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」など遊びどころがそろっています。

アンコールワット(シェムリアップ、カンボジア)

アンコールトムのバイヨン寺院

アンコールトムのバイヨン寺院

カンボジアのシェムリアップは、世界遺産・アンコール遺跡群の観光の拠点となる街です。アンコール遺跡群とはクメール王朝時代に造られた遺跡の総称で、アンコールワットもそのひとつ。ほかにもたくさんあり、有名なのは「アンコールトム」「タ・プローム」「バンデアイ・スレイ」など。それぞれ距離が離れているので、一日ですべてを周ることは難しいので、何日かかけて興味のあるところを周ります。

ツアー料金は3泊4日で3万円台後半~。11~5月は乾季でベストシーズンですが、熱帯モンスーン気候に属しているので平均最高気温は一年中30度を超えます。プール付きのホテルが多いので、遺跡観光の合間に泳ぐのも気持ちがよく、おすすめです。

ダナン(ベトナム)

ダナン

ダナンにはマーライオンならぬマードラゴン!?も

南北に長いベトナムは、北と南でだいぶ気候が違います。北部のハノイは1~3月といえばかなり涼しく、コートがほしい日もあるほど。一方、南部のホーチミンは一年中暑いですが、それでも11~4月の乾季はいくぶん過ごしやすくなります。そんなベトナムで最近人気急上昇中なのが、中部のダナン。ビーチリゾートとしての開発も進み、ホイアンやフエなど世界遺産観光の拠点にもなっています。2~3月中旬は暑さもやわらいでおり、街歩きにちょうどいい気候。3月中旬以降は気温も上がり、今度はプールやビーチ遊びを満喫できます。

ダナンへのツアー料金は、ベトナム航空の直行便を利用する3泊4日のツアーで4万円台~。定番のホーチミンは、成田発のLCCのバニラエア利用したツアーが3泊4日で3万円を切る値段で見つかることも。ハノイは3泊4日で3万円台半ば~です。

デリー(インド)

ラール・キラー

デリーのラール・キラー前

「行けば人生観が変わる」なんて言われることもあるインドは、若いうちに行っておきたい旅先のひとつ。混沌とした街並みにカルチャーショックを受けることまちがいなし!? バックパッカースタイルで周遊する人も多いですが、初心者ならさくっとツアーで訪れるのが気楽かも。デリー1都市滞在なら、ツアー料金は3泊5日で4万円台~。デリーの見どころは、赤い砦「ラール・キラー」や下町「チャンドニーチョウク」など。デリーに加えて、アグラにある美しい世界遺産「タージ・マハル」にも足を伸ばすツアーは、少し予算オーバーですが5万円台から見つかります。

インドの季節は「hot」「hotter」「hottest」の3つしかない、なんてジョークもありますが、11~3月のデリーは乾季にあたり、比較的気温が低めで晴れの日も多いベストシーズンです。ただ、3月には色の付いた粉や水をかけあう「ホーリー」というお祭りがインド全土であるので、日程がかぶりそうな人は注意してください。

バリ島(インドネシア)

バリ島

サーファーにも人気のバリ島

神々の住む島といわれるインドネシアのバリ島。ビーチやプールなどウォーターアクティビティに加え、ブサキ寺院などのパワースポット巡りも人気。バリ島のツアーのホテルの立地は、クタやレギャンなど西海岸のビーチ沿い、もしくは内陸の山間にあるウブドがポピュラー。西海岸のビーチリゾートに泊まる格安ツアーは4泊6日で4万円弱~。ウブドは少し高く、5万円を切るものが見つかればラッキー、といった感じ。バリ島は11~3月は雨季ですが、基本的にはスコールのようにザッと降るだけ(冒頭のように例外もあります)。山間部のウブドはビーチリゾート沿いより気温が低めです。

エネルギッシュで刺激的なアジアの国々は、みんなでワイワイ楽しみたいグループ旅行にもおすすめです。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top