wena wristがBEAMSがコラボした数量限定モデルが壮絶にカッコイイ

2-0b7dec3f9c438fff16c25c8d296493e3f95e1257

いわゆるAndoroidWearやAppleWatchのようにヘッド部分にディスプレイ表示をするガジェットとは違い、バンド部分に、「FeliCa/おサイフケータイ」と、通知機能と、活動計といったテクノロジーを備えた、まさに見た目は腕時計そのもののスタイルがクールなウェアラブル端末「wena wrist」。

SONYのクラウドファンディングサービス「First Flight」からスタートして、もちろん筆者もハートをガッチリ掴まれて即ポチして手に入れましたが、いまや大反響を受けて全国の時計屋さんやwebサイトでも販売されるようになりました。

ディスプレイが表示されると視覚的に便利なものの、どうしてもそのスタイルが受け入れられないという人にとっては超ツボにハマるアイテムです。

見た目が普通の時計にもかかわらず「wena wrist」で何ができるのか?おさらいすると、バンド部分に”FeliCa/おサイフケータイ”が内蔵されているので、決済したいときに手首をかざすだけで、シャリーンと使えます。

それはAppleWatchでもできるよね、とお思いでしょうが、AppleWatchが対応するよりも半年も早く使えていました(Suicaに対応していないので改札は通り抜けできませんでしたが)。

今でこそ手首をかざして決済する人もチラホラ見かけるようになりましたが、それ以前にコンビニなどで手首をかざしてシャリーンとやるときの店員さんの目が気になってドキドキしつつも、自分しかできないぞ的な妙な優越感にも浸れていました。

さらに、スマートフォンと連携して、TwitterやFacebook、Line、Gmailといった通知や電話着信があると「wena wrist」のバンドのLEDが光りつつブルブルっと振動して教えてくれます。

しかも7色のLEDのカラーで、アプリごとやかかってくる電話の相手によって色分けできるので、ビジュアル的にも識別できます。

バンド部にはセンサーが内蔵されているので、歩数や消費カロリー、目標歩数までの達成具合などをスマートフォンにあるアプリでチェックできます。

最近のスマートウォッチと比べると、できることが限られているので物足りないかな? と思いましたが、実際に使っているとあれこれ欲張らずに機能が絞られているのでめんどうくさくなりません。

バッテリーの持ちも良くて、だいたい4~5日に1回思い立った時に充電していればいいくらいなので、このあたりのストレスもなく、しかもバンド部分は防水機能(IPX5/IPX7)もあるのでまさに日常的に使うにはピッタリです。

そして「wena wrist」は、この見た目に時計たるスタイルを保ちつつ、ヘッド部分とバンド部分がカンタンに分離できるようになっています。

出てきた当初は、デザインがシンプルな文字盤の「Three Hands(スリーハンズ)」と、3つの小さなインダイヤルを持つ「Chronograph(クロノグラフ)」の2種類あるヘッド部を差し替えできるねという程度だったのですが、今回新しいヘッドがコラボレーションモデル「wena x beams」として登場しました。

もともとヘッド部の基本的な設計は日本の時計メーカーであるシチズン製の正統派な時計デザイン。

そこに、BEAMSのコーポレートカラーでもあるオレンジをポイントにした2種類のコラボレーションモデルで、これがもう見た瞬間からヤラれました。壮絶にカッコイイ!

Three Hands beams edition」(4万6800円(税別))は、文字板に緩やかな「すり鉢形状」を採用して、文字板を斜めからのみやすさと、シンプルな文字盤デザインながらも角度によって陰影が移り変わる雰囲気を楽しめる、ホワイトの文字盤が清楚な佇まい。

Chronograph beams edition」(6万5800円(税別))は、ベース文字板と外周リングで構成された文字板と、微細な溝によって切り分かれているサブダイヤルの組み合わせ。外周リングにも時刻を示す12本のスリットが斜面部に入っていてリングを切り分け。

細かいところは、「wena wrist」ロゴが小文字ということもあって、「beams」ロゴも小文字になっています。

「wena x beams」は、wena wristにBEAMSの多面性のある個性を「機能(spec)」として新たにを持たせるという意味で”a new spec beams”というコンセプトを掲げているそうです。

それは、ヘッド部分の背面にも刻まれています。

その「a new」という文字を逆から読むと「wen a」となり、新しいテクノロジーが既存の時計文化を邪魔しないためにテクノロジーが隠れていることを表しているそうです。

また、「wena wrist」は、コラボレーションする先に特色を出せるように、あくまでもモノトーンのシンプルな世界観を保っているそうです。

そのために、わかりにくいところですが、充電端子には2回メッキをして金色にした後、さらにもう一回シルバーのメッキを施すといった処理もされているようで、細かな部分のこだわりがうかがえます。

金属の持つゴツさっぷりと重量感のある時計というイメージとスマートウォッチ的な役割を担いつつ、今日はスタイルを変えたいなと思ったらヘッド部分を交換するというキセカエ的な要素が楽しめますね。

そして将来的に、新しい機能を持ったバンド部分が登場すれば、今度はバンドを新調すれば最新モデルになります。

ヘッド部分だけだからいいか!とか、バンド部分だけだからいいか!と、丸ごと買い換えるよりも罪悪感が薄れてしまって、毎回毎回シリーズで揃えてしまいそうでこれから先が怖くもありますが、楽しみでもあります。

いや、いつかAndoroidWearのようなヘッドと、「wena wrist」のバンドが合体できる日がくるかもしれません!

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top