マイクロソフトのHoloLens、日本でも12月2日に予約注文開始。税別33万3800円から

IMG_6204-ae67882df21fb63ab9623cbd3d817c848694960b

日本マイクロソフトは、Windows 10を搭載したホログラフィックコンピューター「Hololens」の予約注文を12月2日(金)に開始します。本体価格は、開発者向けの「Development Edition」が33万3800 円、法人向けの「Commercial Suite」が 55万5800 円、画面操作機器の「Clicker」が 8800 円。(いずれも税別)

出荷は2017年初頭を予定します。北米では2016年3月に発売しており、約10か月遅れの日本投入。

VRではなくMRゴーグル

HoloLensは一見するとVRマシンなのですが、その分かりやすい違いはゴーグルが半透明な点です。既存のVRマシンは、視覚的には外界からほぼ完全に遮断されます。それが仮想世界への没入度を高めているのですが、現実世界の作業と並行して何かをするということが難しい一面がありました。

一方HoloLensでは、現実世界に3Dホログラフィックを混ぜ込んで表示します。現実世界が見えるので室内を自由に歩き回ることもできます。これはMR(Mixed Reality)と呼ばれており、既存のARやVRと区別しています。

また、Hololens自体がWindows 10を搭載したコンピューターであるため、Oculus RiftやHTC ViveのようにPCやスマートフォンとの接続が不要な点も特徴です。室内を歩き回る際にもケーブルが邪魔になることはなく、取り回しが容易という長所もあります。

JALはHoloLensをコックピットの操縦訓練に活用している


Hololensのコンセプト動画。ただし実際のホログラフィック表示領域はこれよりはるかに狭い

マイクロソフトは2017年春にWindows 10向けの大型アップデート「クリエーターズアップデート」を提供予定。それを通じて、Windowsプラットフォーム全体に3DやVR、Mixed Reality環境を導入してゆく姿勢を明確にしています。HoloLensの活用の幅はWindows 10のアップデートにともなって広がりそうです。

マイクロソフトの「HoloLens」に感じた期待と課題。現実と仮想が混じりあうMRゴーグル

JAL、MSの3Dホログラフィック眼鏡「HoloLens」をパイロット訓練に活用。コンセプトツールを開発

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top