AIが“似合う”判定してくれるオンラインメガネサービスが楽しい!

JINS01-720x525-d3fda47e3b8abe69fef2708365c6aa7ba38fa85b

いまやなんでもWebで買える時代になりました。もちろんメガネもそう。でも実際に掛けられるわけではないので、似合うかどうか分かりづらい。

お店に行けば店員さんがいて、第三者としていろいろと意見を言ってくれますが、Webだとあくまで自分の感想だけ。そんな難点をなんとかしようとメガネショップ「JINS」が考えたのは、AI(人工知能)によるレコメンド(オススメ)サービスです。

 

■自分の好みを覚えさせたAIも作れます!

11月11日から始まったJINSの新サービスが「JINS BRAIN」。JINSのスタッフ約3000人が、のべ6万枚におよぶ画像を評価し、その評価をもとにオリジナルAIを開発。このAIが、選んだメガネは自分に似合っているかを数値化してくれます。

ちなみに評価したスタッフが男性か女性かも記録されているので、男性目線、女性目線でどうかという評価も確認できます。

やり方はカンタン。まずは、自分の顔写真をPCやスマホからアップロード。画像を動かして顔や服の位置を指定の場所に合わせます。

あとは、JINSのオンラインショップで取り扱っているメガネを選べば、男性目線のオススメ度や女性目線のオススメ度が“マッチ度”として数字ででてきます。

さらにPDと呼ばれる瞳孔間距離も測定してくれます。読んで字のごとく左右の瞳孔の距離なのですが、このPDに合ったフレームを選ぶことが見え方に影響するのはもちろん、見た目にも影響してくるそう。通常は店舗でしか測定できない数値が分かるというのは、結構スゴいかも。

さらにこのAI、JINSスタッフのデータをもとにしたものだけではなく、オリジナルも作れるんです。

作成方法もカンタンです。複数枚のメガネを掛けた顔写真を見て「似合わない」「あまり似合わない」「少し似合う」「似合う」の4段階で評価するだけ。これを人工知能学習率が100%になるまで続ければ完成。

JINS03

作成した自分のAIはJINSサイト上に保存され、友人や家族など周りの人が「JINS BRAIN」を利用する際に、評価用AIとして使えます。友人同士でAIを作り合うのも、相手の好みが見えてきて結構楽しいかもしれません。

JINS02

ちなみにJINSは、2016年3月から「JINS VIRTUAL-FIT」という3D試着サービスもWebで展開しています。これは、スマホやPCのカメラで顔の動画を撮影することで、正面だけでなく斜めや横からのメガネを掛けた顔を確認できるというもの。

PC_商品詳細

「JINS BRAIN」でオススメされたフレームを「JINS VIRTUAL-FIT」で確認すれば、自宅にいながら店舗に近いレベルのサービスを受けられるわけです。買う買わないは別にして、一度試してみるのも楽しいですよ。

>> 「JINS BRAIN」

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top