なか卯史上最高額となる天然うにに天然いくらを添えた「生うに丼」を食べてみました

00_m-7adab4c72a40b15d96506d1b8c5676136b11599c

「なか卯の海鮮」シリーズ第4弾として、「天然うに」をたっぷりのせた「生うに丼」が2016年11月9日(水)から登場しています。なか卯史上最高額となる生うに丼とはどのような海鮮丼なのかを確かめるために、さっそく試食してきました。

《予告》大好評「なか卯の海鮮」シリーズ 第4弾! 【生うに丼】11月9日販売開始! | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯
http://www.nakau.co.jp/jp/news/169

なか卯に到着。

季節限定おすすめメニューとして「生うに丼」がアピールされていました。

ということでさっそく「生うに丼」(並・税込890円)を注文。生うに丼は、ご飯の上に天然うにと天然いくらがたっぷりのっています。

うには天然の「ムラサキウニ」を使用。

うにの下にはきざみノリ。

たっぷりのうにに添えられたいくらは色鮮やかです。

わさびは「信州安曇野産本わさび」というこだわりよう。

その本わさびを添えて……

だししょうゆをかければ準備完了。

まずは「うに」から。肉厚のうにはしっかりとしたうにの風味が感じられ、生臭さはなし。うに独特のくせもなく、後味もすっきりしています。だししょうゆは甘めなので、辛みが好きな人はわさびをたっぷり添えるのがオススメです。

うにだけだと単調に感じられそうですが、いくらのおかげで飽きることなく食べられます。

うに+いくらのミックスも大いにアリ。

しっかりとうにといくらを混ぜ込んで食べてもOKです。うにの量はごはんに対して十分で、ごはんが余ってしまうということはありませんでした。

なか卯史上最高額の890円という「生うに丼」は、値段に見合う海鮮丼となっていました。なお、丼一杯では多すぎるという人のために、税込590円の「ミニ」サイズも用意されています。

・関連記事
日本全国の漁場から集められた新鮮な魚介類が食べられる「中之島漁港」 – GIGAZINE

市場直送の新鮮な海の幸を使った海鮮丼をたらふく食べられる「どんぶり茶屋」に行ってみた – GIGAZINE

18種類の魚介をこれでもかと載せた山さん寿司本店の「海鮮丼」を食べてきた – GIGAZINE

いかの足がピクピク動く新鮮ないか活造りを食べるべく「海中魚処 萬坊」に行ってみた – GIGAZINE

廃液のように真っ黒で一度食べたらやみつきの「イカ墨のパエリア」を食べてみました – GIGAZINE

厚切りの刺身がたっぷり食べられるタカマル鮮魚店2号館の「タカマル定食」を食べてきた – GIGAZINE

243

in 試食, Posted by logv_to

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top