【スマート フォーツー カブリオ試乗】小さな高級オープンカー。爽快感はバイクを超えた!?

1160779-720x480-33cfed38bd260d6ff1da12c3044b9ec76b47f0d0

スマートといえば、ダイムラー傘下のコンパクトカーブランド。「フォーツー」はその看板的モデルで、ヨーロッパでは小さな高級車として確固たる地位を築いていますが、日本ではまだ、そこまでの存在感を確立できていません。

もちろん、それには軽自動車という日本独自の制度が関係しているわけですが、今回、フォーツーシリーズに新たに追加された限定モデル「フォーツー カブリオ ターボ リミテッド」に試乗したことで、国産メーカーの軽自動車とは全く異なる、フォーツー独自の魅力に触れることができました。

■安全性はメルセデス・ベンツの基準や思想を継承

フォーツー カブリオの魅力その1は、新たに搭載された0.9リッター3気筒ターボエンジン。最高出力90馬力、最大トルク13.8kg-mを発揮するシリーズ歴代最強のエンジンは、デュアルクラッチ式トランスミッションとの組み合わせで、アンダー1トンの軽量なボディをいとも簡単に加速させてくれます。

当然ながらその加速フィールは、排気量660ccの軽自動車とは種類の異なるもの。高速道路の合流などで不安を感じることはありませんし、高速クルージングではクラスが上の車種について行くこともできちゃいます。

また、全長わずか2755mmというショートボディは、切れ角の大きなステアリングと相まって、わずか3.3mという最小回転半径を実現。一般的な軽自動車をはるかに上回る、取り回しの良さです。

それでいて車幅は1665mmと、軽自動車の規格より200mm以上広いので、高速コーナーなどでの安定性はケタ違い。この、小回りは効くけれどコーナーでの安定感が高い車体と、パワーアップしたエンジンの組み合わせ、面白くないはずがありません!

フォーツー カブリオのもうひとつの魅力は、やはり、開閉可能なソフトトップでしょう。ルーフ部のみを開けたタルガトップ状態と、リアウインドウまで開けた全開状態という2段階に開くことができ、走行中でも開閉が可能です。

スマート フォーツー カブリオ ターボ リミテッド

さらに全開状態では、サイドルーフバーまで取り外し可能。ツーシーターのコンパクトボディでここまでオープンにすると、その開放感の高さはバイク級。いや、ヘルメットがいらないので、下手なバイクより爽快感は高いといえます。

スマート フォーツー カブリオ ターボ リミテッド

それでいて、サイドウインドウを上げると、室内への風の巻き込みが相当抑えられるので、周囲の交通量が多い時はあまり外気を取り込まないように、空気が気持ち良い場所では目いっぱい風を受けて、といった具合に、風の巻き込み具合をウインドウを上下させるだけで調整できてしまうのです。

新しいターボエンジンとコンパクトなボディによる“走りの良さ”と、ルーフを開けた時の“バイクのような爽快感”こそ、並みの軽自動車にはマネのできないフォーツー カブリオの価値。ここまで小回りが効き、乗って爽快なクルマは、軽自動車に限らなずともなかなかありません。

スマート フォーツー カブリオ ターボ リミテッド

ダッシュボードの右側に後付けされたかのようなエンジンの回転計や、デジタルとアナログの良いところを融合させたかのようなデザインのインテリアも、そんな気分を盛り上げてくれます。

スマート フォーツー カブリオ ターボ リミテッド

そんなコンパクトボディでありながら、安全性については、メルセデス・ベンツの基準や思想を継承。衝突時にはしっかりと乗員を保護し、レーダーセンサーによって衝突の危険を警告する機能まで搭載しています。

ラゲッジスペースも、260リッターと実用的な容量を確保。ルーフが全開状態でなければ、リアハッチ上部にある幌の部分をガバッと大きく開けられるので、荷物の積み下ろしも思いのほかイージー。実用性への細かな配慮を感じさせる部分です。

スマート フォーツー カブリオ ターボ リミテッド

狭い街中を走るので車体はコンパクトな方がいい。でも、フツーの軽自動車やコンパクトカーは選びたくない。そんなこだわり派のアナタは、検討の候補に入れておくと、予想以上に楽しいカーライフが待っているかもしれません。

そんなフォーツー カブリオ ターボ リミテッドの価格は、248万円。クリスタルホワイト、ラリーレッド、ディープブラック、イエローの各色(それぞれシルバーとのツートンカラー)が、それぞれ50台ずつ用意される限定モデルですので、気になる色があるなら急いだ方がいいかもしれませんよ。

<SPECIFICATIONS>
☆フォーツー カブリオ ターボ リミテッド
ボディサイズ:L2755×W1665×H1540mm
車重:990kg
駆動方式:RR
エンジン:897cc 直列3気筒 DOHC ターボ
トランスミッション:6AT(デュアルクラッチ式)
最高出力:90馬力/5500回転
最大トルク:13.8kg-m/2500回転
価格:248万円

(文/増谷茂樹 写真/&GP編集部)


【スマート フォーツー試乗】小回り性能は世界一!第3世代は見ても乗っても楽しい!!
【ルノー トゥインゴ】フランスの小型車がポルシェ 911と同じ駆動方式を採用した理由
【新Eクラス試乗】その実力は驚異的。最新のベンツは自動運転に本気!


Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top