フランス生まれのパトリック日本上陸40周年モデルが登場

R.COPEN-2-67923f50fc8de9d40a78f0c0272c2cf6f580e3a1

スニーカーのパトリックと言えば、洗練されたデザインと独特な色使いが印象的な老舗ブランド。長く愛用している方も多いですよね。日本上陸40周年を記念して登場したのは70年代のコートシューズ「コペンハーゲン」の復刻モデル。スポーティな雰囲気で、ローカット・ハイカットのどちらも春のコーディネートに活躍してくれそうです。

▲ローカットモデル「R.COPEN(アール・コペン)」1万3500円

フランス生まれのパトリックが上陸して今年で40周年。フランスのエスプリを感じさせるデザイン、かつ細部に目を向けると丁寧な作りが特徴的です。それもそのはず、現在は日本で生産されているんです。今回日本上陸40周年記念モデルの第1弾として登場するのは「コペンハーゲン」。スカッシュやバドミントンといったインドアスポーツ向けシューズとして70年代に名を馳せたモデルです。

リリースされるのはローカットモデルとハイカットモデルの2タイプ。何と言っても目を惹くのはカラーリング。グリーンとネイビーのブランドストライプが白地に映えて実に上品です。

▲ハイカットモデル「R.COPEN‐H(アール・コペン・ハイ)」1万5660円

コペンハーゲンはコート競技の激しい動きに対応したシューズですから、機能面もバッチリ。大きく上方に拡大したアウトソールのサイド部分は横方向の動きをサイドサポートし、かつ、激しくサイド方向に動いてもシューズ内部の足を正しい位置をキープ。また、表生地とライニングの間に薄いスポンジフォームを挟み、足が優しく包まれるような独特の履き心地を実現しています。

スポーティーな軽快さを持ちつつも洗練された雰囲気はさすがパトリック! グリーンとネイビーのストライプは流行のトラッドスタイルにも合いそうですよね。

>> PATRICK

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top