これまで男性タレントでありながら“ユニセックス系”として人気を博してきたGENKINGさん。最近メディアであまり見かけないと思っていた人もいるかもしれませんが、その理由が本人から明らかにされました。

これまで性同一性障害と診断されていたGENKINGさんは、2017年5月にタイで性別適合手術を受けたといいます。その後、7月に戸籍上でも女性となり、8月には本名も「元輝」から「沙奈」に変更したとのこと。

2018年1月29日、フジテレビ系情報番組『ノンストップ』に出演しみずから公表したほか、インスタグラムでも思いの丈をつづり反響を呼んでいます。

【大きくなるばかりだった“性別の悩み”】

インスタグラムに投稿される洗練されたルックスが“謎の美男子”として大ブレイクしたGENKINGさん。“ユニセックス系”と自分を偽りテレビに出ていましたが、性別の悩みは消えるどころか強くなるいっぽうだったといいます。

けれど、そうして無理をしていたのも限界に。「そんな日々がずっと続いていた時、それまでお世話になった事務所を辞める決意をし、本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました」と、1月29日に更新されたインスタグラムで赤裸々に告白しています。

【“沙奈”として新たな人生を】

こうして身体的にも戸籍上でも女性へと生まれ変わったGENKINGさん。「感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚」なのだとか。インスタグラムにアップされたモノクロの写真にも「僕は私を生みました。」という印象的なフレーズが書かれています。

今は“沙奈”として新しい人生を歩んでおり、仕事、プライベート、恋愛、すべて“女”としてゼロからのスタートを切っているそう。

【インスタグラムユーザーの声】

この告白にインスタグラムユーザーからは

「前に進む勇気や乗り越えていく事がどれだけ大変かと思うと涙が自然と出ました」
「たくさんの人が『自分』を分からず迷っている中、悩まれて見つけ出した答え。そーゆー姿は男女問わず、年齢問わず、さいっこうにかっこいいです」
「素敵なお名前ですね。これまでもこれからもずっと大好きでずっと憧れです!」

など彼女の決断を応援する声が殺到しています。

【これからのさらなる活躍に期待!】

タレントというのは世の中の人々に影響を与える仕事です。「男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して私と同じ悩みを持った人たちが、少しでも前向きになれるキッカケになりたい」と語るGENKING、現・沙奈さんのこれからの活躍を見守っていきたいですね。

なお、これまでの人生を記した自叙伝も出版されるそうですので、より詳しく知りたい方は読んでみることをオススメします。

参照元:Instagram @_genking_
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch