油性ボールペンの書き損じは”消す”ではなく”削り取る”が正解です【文具のツボ】

20180115_pentel_002-720x4-68a82587c2674c1083eadaae8983c5bc2656d2f3

修正ペンに修正テープ。世の中には書き損じた文字を“修正”するための文具が数多くあります。しかし、そんな修正文具のなかでも、意外と知られていないのが“砂消し”です。

砂消しとは、間違えた文字を紙ごと削り取れる消しゴムのこと。ボールペンで書いた文字も消せるという特性から、子供の頃に愛用していた人も多いと思います。

ぺんてるの「クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉」は、そんな砂消しが使いやすくカスタマイズされたものです。ホルダー内に収納された砂消しを少しずつ出して使います。「大人になってから砂消しを使っていない」という人も、スリムな砂消しをペンケースに入れて、書き損じた文字を削ってみませんか?

■砂消しを繰り出して使う

「クリックイレーザー」は、カッターのような見た目。使い方もカッターに似ていて、細長いホルダーに格納された砂消しを、カッターの刃のように少しずつ出して使います。

最大の特徴は、なんといっても油性ボールペンで書いた文字を消せる、という点。書き損じた部分を塗りつぶすのではなく、削って消すことができます。こう説明すると、「下の紙まで破れてしまうのでは?」と思われがちですが、強くこすり過ぎなければ、紙が破れるようなことはありませんでした。

▲先端を5mmほど出して使う

▲文字を消すことができた

字を消すとき、ホルダーを“グッ”と握れるので、従来の砂消しよりも文字を安定して消すことができます。なお、罫線付きのノートで使うと、罫線まで消えてしまうこともありますが、これは本体の動かし方を調整すれば改善できそうだな、と思いました。

 

■収納しやすいサイズ感

ただ文字を消すだけなら修正ペンや修正テープでも事足りる気がします。しかし、砂消しの場合は手が修正液で汚れたり、テープを引き間違えて字を消し過ぎる心配がありません。

また、「クリックイレーザー」のデザインにも注目。細長い砂消しがホルダーのなかに格納されているので、使用時はペンのようにしっかり握ることができます。そのため、特定の場所を重点的に消すことが可能なのです。

手に取ったときに、ほとんど重さを感じない点も魅力のひとつ。厚さも8mmと薄いので、ペンケースに入れてもかさばらないでしょう。

▲重量わずか9g。手にとってもほとんど重さを感じない

▲8mmの薄さ

*  *  *

たとえ砂消しを使っても、油性ボールペンで書いたものを100%きれいに消すことはできません。しかし、一度書いたものを紙ごと削り、そのうえから新しい文字を書けるのは砂消しならではの魅力だと思います。

「クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉」の販売価格は756円。同シリーズでは、ほかに鉛筆やシャープペンの文字を消せる〈フォープロ〉や、印刷インキ文字も消せる〈ハイパレイザー〉なども販売されています。いずれも使い方は油性ボールペン用タイプと同じです。

>> ぺんてる「クリックイレーザー〈油性ボールペン消しゴム〉」

 

(取材・文/神戸紅実子

kambe_profile

かんべくみこ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。”平成生まれ昭和育ち”ながら、スマホやアプリに関する記事を若者文化に乗り遅れまいと執筆中。東横線ユーザーだが、ときどき中央線沿線にも出没する。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top