青森のたい焼き「あげたい」は、なぜ揚げちゃったの?【全国ソウルフード探訪】

ph02-720x479-d00b3b6c04aea8b004ae7fcb816eeca0a131c2e7

小腹が空いた時、無性に甘いものを欲した時に食べると幸せな気分になれるたい焼き。このたい焼きをなんと油で揚げた“あげたい”が、青森県の雪深い街でご当地定番メニューとなっています。あげたいは、女性や子どもだけではなく、験を担ぐ受験生や大人の男性にも大人気なのだとか!

見るからにカロリーと味が気になる“あげたい”の魅力を、幼少からあげたいを食べて育ったご当地ライターが紹介します。

■「テレビもねぇ!ラジオもねぇ!」街には、絶品グルメがある!

青森県の日本海側、津軽の西部に位置する五所川原市。冬の平均気温はマイナス1℃と積雪量の多い極寒の地であり、多くの市民は毎年8月に開催される「立佞武多(たちねぷた)祭り」で踊り跳ねるのを、短い夏の楽しみに暮らしています。

▲こちらはミニチュア版立佞武多ですが、実際の高さは約20mと圧巻です(五所川原市:立佞武多の館にて撮影)

五所川原市民が愛し続けているソウルフード、それがたい焼きを油で揚げた、あげたいです。「普通に食べても美味しいたい焼きを、何でわざわざ揚げるの?」と思っている方にこそ、ぜひとも食べていただきたい! そのあげたいを作っているお店が、五所川原駅から徒歩10分にある「あげたいの店みわや」。

▲ 黄色い看板が目印。暑い夏も寒い冬も1年中、あげたいを作り続けています

もちろんオーソドックスなたい焼きも販売していますが、8割以上の注文があげたいだという「みわや」さん。老若男女問わず、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気店です。

■自家製たい焼きは、ぜひとも“揚げたて”を

1977年に先代からお店を引き継いだという、2代目店主の神千代茂さん。

▲好きな演歌歌手は三橋美智也と村田英雄。往年の演歌を好みます

現在は神さんが1人でお店を切り盛りしているそうで、毎朝6時から仕込みがスタート。小豆を炊いて煮詰める自家製の餡や、小麦粉をブレンドしての生地作りなどの仕込みが終わったら、朝9時のオープンに向けて手際よくたい焼きを作っていきます。

▲41年間変わらず、神さんが愛用し続けている鋳鉄製の焼き型。表面に刻まれているのは、五輪のマーク!

▲先代から神さんが受け継いだという焼き型は、東京オリンピックの頃に製造されたもののようです

試行錯誤メニューを考案していくなかで、現在あげたいのメニューは、あんこ、クリーム、チョコレート、カレー、バーガーの5種に落ち着いたそう。

▲ メニューのなかで目を引く“バーガーあげ”については、後ほど実食で

いざたい焼きを揚げる工程は、お客さんの注文が入ってから。もっとも美味しい揚げたてを提供するのが、神さんのこだわりです。

▲180℃のサラダ油で、じっくりと揚げていきます。夏場には若干油の温度を下げたりと、長年の経験で揚げ方のコツは熟知しています

かつてブームになった「およげ!たいやきくん」では、たいやきくんが鉄板の上で焼かれることを嘆いていましたが、まさか油のなかを泳ぐことになるとは、たいやきくんも思わなかったはず。

▲目が赤い真ん中のあげたいはあんこ味。何味か分かるように食紅で色をつけています

油の海を泳ぎきって、こんがりとキツネ色に焼き揚がったあげたい。店内のテーブル席でアツアツのうちにいただきます!

■外はサクサク、中はモチモチと絶妙なバランス!

今回オーダーしたあげたいは、あんこ、クリーム、チョコレート、そしてバーガーの4種。バーガー以外には砂糖がまぶされています。

まずは王道のあんこ(税込120円)から。

▲実際には「がーっぱあっちぃ(訳:すごく熱い)」と叫びながら、揚げたてを半分に分けています。

ご覧のように中の生地がフワフワ。外のカリカリと、中のフワフワとした食感が楽しめるように、生地の割合は多めです。もちろん餡の甘さもしっかりと味わえます。これぞ昔から慣れ親しんだ味!

こちらは王道のクリーム(税込140円)。

▲「めったらだなぁ(訳:おいしそう)」と言いながら撮影しています

油で揚げることによって、中のクリームがよりトロットロ。カスタードクリームが口のなかでとろけて、生地とマッチしていきます。「サクッ、フワッ、トロー」っといろんな食感が楽しめるので、ペロッといけちゃう!

続いてチョコレート(税込140円)。

▲「なもかなが(訳:あなたも食べなさい)」と編集カメラマンに言いながら、撮影しています

こちらも中のチョコレートクリームがとろけて贅沢なスイーツを堪能している感覚に。でも安心価格の税込140円! 甘さが重すぎないので、子どものみならず大人にもオススメです。この時点でカロリーという概念を忘れて、3つ平らげています。

そして、オリジナルメニューのバーガーあげ(税込120円)へ。

▲「わいはっ!なんだばこれ!(訳:ビックリ!何これ?)」

ハンバーグのタネとなる、ひき肉や玉ねぎなどの具材がたい焼きのなかに詰まっていました。半分に分けた瞬間に肉汁が出てきて、とてもジューシー。甘めの生地と相まって、後を引く美味しさです。ちょうどお店に訪れていた地元の女性客がバーガーあげを注文していたので、お話を聞いてみると、「甘いものが苦手なので、私はバーガーあげをよく注文しています」とのこと。甘党でない人でも、バーガーあげなら食事感覚でいただけます。

■そもそも、なぜたい焼きを揚げたのか?

神さんがあげたいを考案したのは、お店を始めて間もない頃。すでに40年以上、あげたいは販売され続けています。きっかけは、売れ残ったたい焼きがもったいないという思いだったそうです。

「どうしてもたいやきは時間が経つとおいしくなくなってしまう。これを油で揚げて、砂糖をまぶしてみたらどうだろう」

早速実践し、まずは近所の子どもたちに試食してもらったら大好評! 近年では、鯛をさらに“あげる”ということで、受験生や選挙シーズンなどに、験担ぎとしてあげたいを買っていく人が多いそうです。

▲地元民はこの緑の包み紙を見ただけで「あげたいだ!」とテンションがアガります。

もちろん買ってすぐのアツアツをほうばるのがベストですが、手土産にもオススメのあげたい。青森へ旅行に訪れた時は、男をアゲるための験担ぎとして「あげたい」をほおばってみてはいかでしょうか?

 

(取材・文/蝦名育美)

青森県つがる市出身のライター。東京に出て15年以上経過しても、周囲からは青森のことばかりよく聞かれる。かつて地元に4階以上の建物がなかったため、展望台やタワーなどの高所を好む。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top