今こそ欲しい!タイプ別ドライブレコーダー6選+用語解説付き【前編】

drive_A-5-f0fc9a299a8dbdf18d74cbc6106080bdf4bb05ea

車内オーディオにはお金をかけているけど、ドライブレコーダーの導入はまだ。興味はあるんだけど……、とお悩みの人は少なくないはず。そんな、“どれを買ったらいいかわからない”という疑問を解消するため、タイプ別に最新ドライブレコーダーをまとめてご紹介します。価格で決めるか、機能で決めるか。自分に合ったモデルを見極めてみてください。

■とにかく安く導入したい人<タイプA>

ニュースなどで話題になり、ドラレコの存在が気になって購入を考えてみたけど予算がかけられない…。そんな人も少なくないのでは? ビデオカメラのように映像を録画するシンプルなタイプならば数千円から導入可能だ。

▼300万画素フルHDで長時間記録にも対応

PAPAGO JAPAN
「GoSafe 130」(実勢価格:8990円前後)

スタイリッシュボディに300万画素CMOSセンサーを搭載し、フルHDによる高画質記録を実現。明暗差の激しい場所で明るさを補正するHDR 機能や鮮明な映像を捉えるF2.0ガラスレンズも採用する。制限速度や出発遅延を表示とアラームで知らせる運転支援機能も搭載。

▲PC向け専用ビューアーソフトによって快適な映像再生が可能。Gセンサー(加速度計)で状況を確実に記録

 

▲高感度センサーやHDR機能、明るいレンズなどによって、夜間でも美しく映像を記録できる

<スペック>

視野角/水平110度
フレームレート/30fps
付属microSDカード/16GB
GPS/−
専用ビューアー/○
画像補正/HDR
駐車録画/○※オプション対応
前車発進警告/○
車間距離保持警告/−
車線逸脱警告/−

 

▼ルームミラーに隠れるほどの極小サイズ

サンコー
「スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー」(5980円)

5980円と破格のコンパクトモデル。エンジン始動と同時に映像の記録を開始するの
で、特別な操作は不要。Gセンサー内蔵で急ブレーキの際などには、その前後の映像は上書きを防止。また、駐車中に衝撃を検知すると録画を開始するパーキングモードも備えるなど、コスパ抜群だ。

▲高画質なフルHD(1920×1080)記録が可能。バッテリー、動体検知機能搭載で防犯カメラとしても活躍

▲47×48×35mmというコンパクトサイズ。視界を妨げない取り付けが可能。1.5インチ画面も搭載している

<スペック>

視野角/水平170度
フレームレート/30fps
付属microSDカード/−
GPS/−
専用ビューアー/−
画像補正/−
駐車録画/○
前車発進警告/−
車間距離保持警告/−
車線逸脱警告/−

 

■録画した場所を知りたい人<タイプB>

中~上級のモデルでは本体やブラケットにGPSモジュールを内蔵。正確な日時や速度、位置情報を映像とともに記録できる。これらのデータは専用のPC 向けビューアーで確認でき、インターネット接続時には地図も表示する。

▼高画質モードで最長20時間の長時間録画が可能

ケンウッド
「DRV-830」(実勢価格:3万1320円前後)

業界最高レベルのスペックを搭載したケンウッドの最新型、ハイエンドモデル。徹底して画質にこだわり、フルHDの約1.8倍もの解像度となるWQHD(2560×1440)・3.7メガを実現。また、microSDスロットを2基備えることで、300時間を超える長時間記録が可能となっている。

▲シャープで美しい映像を記録できる。明暗差を補正するHDR機能も搭載。ビューアーは情報が豊富で高機能だ

▲ドライブの安心感を高める運転支援機能が充実。マイクのON/OFFがワンタッチで行えるのも便利

<スペック>

視野角/水平132度
フレームレート/最大27fps
付属microSDカード/16GB
GPS/○
専用ビューアー/○
画像補正/HDR
駐車録画/○※オプション対応
前車発進警告/○
車間距離保持警告/○
車線逸脱警告/○

 

▼対角155度の広視野角で死角もしっかり録画

パナソニック
「CA-XDR72GD」(実勢価格:2万3000円前後)

優れた基本性能を搭載したパナソニックの最新モデル。約408万画素の1/3CMOSイメージセンサーや明暗差を補正するHDR+WDR、最高1 秒間に60コマの撮影などによりクラストップレベルの高画質を実現。車内温度-10~70℃に対応するなど、信頼性の高さもうれしい。

▲対角155°という広角レンズによって路側帯や歩道などまでしっかりカバーしている

<スペック>

視野角/水平122 度
フレームレート/最大60fps
付属microSDカード/16GB
GPS/○
専用ビューアー/○
画像補正/ HDR、WDR
駐車録画/○※オプション対応
前車発進警告/○
車間距離保持警告/○
車線逸脱警告/○

 

■駐車中も録画したい人<タイプC>

ドラレコを走行中だけでなく駐車中にも活用できるのが駐車録画機能。振動や動体を検知して自動的に録画を開始し、監視カメラともして使える。オプションコードを接続することで、この機能を利用できるようになる機種が多い。

▼偏光フィルター標準装備で反射を抑制

カロッツェリア
「ND-DVR20」(実勢価格:2万3000円前後)

約300 万画素の高解像度CMOSセンサーでフルHDを超える3Mの高画質記録を実現。レンズ部に偏光フィルターを装備することでフロントガラスへの不要な映り込みを低減し、鮮明な映像記録が可能。駐車監視機能や危険挙動録画機能など、多彩な録画機能を備えている。

▲3M記録ならではの高画質。高感度で夜間も明るく映し出せる。扱いやすい専用ビューアーも用意

<スペック>

視野角/水平110度
フレームレート/27.5fps
付属microSDカード/8GB
GPS/○
専用ビューアー/○
画像補正/WDR
駐車録画/○
前車発進警告/−
車間距離保持警告/−
車線逸脱警告/−

 

▼高精細3メガ&ウルトラワイド録画に対応

データシステム
「DVR3000」(2万1384円)

高画質設計が自慢のモデルで、約350万画素・1/3型CMOSセンサーを搭載。フルハイビジョンを超える3Mの高解像度記録が可能。21:9の比率を持つウルトラワイドモードも選べるのもポイント。電源供給が遮断されても録画継続が可能な緊急用バッテリーも搭載している。

▲厚さ29 mmのスリムなボディに大型の3インチディスプレイを搭載。デザインの美しさも好印象

▲クリアな6層ガラスレンズを採用。3M(2304×1296)の超高画質記録が可能

▲電源はシガーライターソケットから取得。プラグ部分にはスマホなどの充電ができるUSB端子を備える

▲ニーズに合わせて5モードが選べる。横長に広いウルトラワイドモード(2560×1080)も搭載

▲別売りのセンサースイッチコントローラー「SWC295Ⅱ」(1万3824円)を組み合わせれば、ドップラーセンサーが不審者を検知し、駐車中でも自動録画を行える。ドップラーセンサーは最大4個接続可能

 

■購入前に必ずチェック!ドラレコ用語解説

◯フレームレート

1秒間の撮影コマ数を表す。27fpsであれば、1秒間に27コマを撮影するもので、数字が大きくなるほど映像再生時の動きが滑らかになる。一部の30fps仕様機では西日本のLED信号機が消灯して映る場合があるので注意が必要だ。

◯画像補正(WDR)

WDRとはワイドダイナミックレンジ(Wide Dynamic Range)のことで、白飛びや黒つぶれを補正する。白飛び(明るすぎる)部分は明るさを落とし、黒つぶれ(暗すぎる)部分は明るく補正。夜間や逆光で効果を発揮する。

◯視野角

映像を記録できる範囲を表す。水平、垂直、対角などの数値を各メーカーでは発表している。数字が大きくなるほど広い範囲をカバーできる。交差点などでは水平の視野角が重要。視野角が広い方が側方からの衝突も記録しやすい。

◯GPS

地球上を周回している衛星の電波を受信することで、現在位置を特定できる。GPSを利用すれば、正確な場所だけでなく日時や走行速度なども確認することが可能になる。山間部やビル街などでは受信がしにくい場合もある。

◯画像補正(HDR)

HDRとはハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)のことで、WDR同様に夜間や逆光で効果を発揮。同時に撮影された異なる露出の映像の適正露出部分を合成処理することにより、白飛びや黒つぶれを補正できる機能。

◯駐車録画

本体や接続したユニットが振動や動体を検知すると自動的に録画を開始する機能。車上荒らしや車両盗難などの対策に効果的だ。ドライブレコーダーを駐車中にも効率よく活用できるため人気が高まっている。

◯車間距離保持警告

安全運転支援機能のひとつ。前方車両との車間距離が詰まると表示や音で警告する機能で、カメラで捉えた画像を解析して車間距離を割り出している。60㎞/h以下など(機種により設定が異なる)低速では動作しない。

◯録画モード

映像の記録は高画質になるほどデータ量が増え、記録できる時間が短くなる。逆に低画質になればデータ量が減るので記録できる時間は長くなる。ニーズに合わせて選べるように、通常はどのモデルでも録画モードの選択が可能。

◯前車発進警告

信号などで停車した際、前方車両が発進したにも関わらず自車が停車したままの場合に表示や音で警告をする安全運転支援機能。カメラで前方車両の動きを認識している。発進が遅れて他車に迷惑をかける心配が減る。

◯車線逸脱警告

カメラで道路上の白線を認識し、車線内の左右どちらかに片寄った走行や車線をまたぐような走行を行うと表示や音で警告を行う安全運転支援機能のひとつ。居眠り運転などの防止に効果的。基本的に低速では動作しない。

◯3Gセンサー

中~上級モデルに搭載されており、急ブレーキや急加速、急ハンドルなどの動作を行ったことを検知。検知データが設定値を超えると記録映像を保護。ビューアーソフトなどで数値の詳細を確認できる。

 

本記事の内容はGoodsPress1月号126-127ページに掲載されています

(文/浜先秀彰 写真/澤田和久)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top