【本気検証】話題の資生堂レシピスト化粧水(約600円)をアラサーが約1ヶ月使ってみた結果 / 肌測定もしました

o-52c730e166a83f3989952a73ef150e36ab6137c7

29歳アラサーの私は、約6000円のブランドの化粧水と約3500円の美容液を使い、合計1万円のスキンケア用品で、なんとか年々広がる毛穴やオイリー肌と戦っていました。

そんなある日、資生堂が新ブランド「レシピスト」の基礎化粧品をPouch編集部に送ってくれました。この、レシピスト、スキンケアアイテム(化粧水・美容液・日焼け止めなど)が500円前後で購入できちゃうということで話題なのです! や、安い! 安すぎる!

お安いことはありがたいけど、気になるのはその効果。天下の資生堂を信じ、レシピストだけでスキンケアしたら肌がどんなふうに変化するのか、肌測定つきで検証してみましたー!

【まずは今の肌を測定する】

ドラッグストアチェーン店「スギ薬局」の一部店舗が無料で行っている「フルコース肌測定」で、現在のお肌をチェックしてもらいました。

スギ薬局の肌測定では、UV予防、保湿、美白、角質ケア、代謝調節、洗顔で分類された六角形グラフと、皮脂量、毛穴、水分量など14種類もある肌数値を細かくみることができます。

まずは合計1万円分のスキンケアを使っている私の肌を測定してもらうと……

あれ、意外とダメなんですけど(涙目)

まずは六角形グラフをチェック。理想的なのはグラフにキレイな六角形が広がっていればいいのですが、めっちゃ歪んでる。5点満点だったのは代謝調節だけで、UV予防は3点、残りの保湿、美白、角質ケア、洗顔は2点でした。

そして14種類の肌数値も悲惨。◎は3個、◯は5個、△は6個でした。

【普段のスキンケアを当てたBAさん】

肌測定をしてくれたBA(ビューティーアドバイザー)さんは、私のグラフを見た瞬間、「あなた、化粧落としだけで洗顔クリーム使っていないでしょ?冬だからって日焼け止めも使ってないでしょ?」と鋭い指摘が! は、はい、おっしゃる通りです……。

なので今回は「洗顔+レシピストの化粧水と美容液と日焼け止め」を使い、ターンオーバーで肌が生まれ変わると言われている28日間使い続けてみました。

【使ったレシピストはこちら】

今回、資生堂さんからスキンケアだけじゃなく、ハンドクリームにボディローションなど7点も送っていただいたのですが、肌測定でわかるものだけで検証することにしました。そして選ばれたのは、以下3点です。

・バランスととのう化粧水 RICH 税込590円(編集部調べ)
さらっとした着け心地。まるで水みたいに軽いです。肌につけた後もツッパリ感などゼロ。肌もベタベタしません。

・濃い美容液 税込750円(編集部調べ)
プルンとしたジェル状です。顔にぬると、つや〜と伸び、毛穴一個一個を美容液で閉じ込めるようなパック感もありました。

・さらっとなめらか日やけ止め 税込650円(編集部調べ)
個人的に一番のお気に入り! ベタつき感ゼロで本当にさらっとしています。「日焼け止めいまっせ!」という嫌な匂いも存在も感じませんでした。これで「SPF50+・PA++++」ならかなりいいかも!

合計1990円分なので、普段のスキンケア用品の約5分の1の値段です。

【ちょっとだけ不安になる…】

使った商品は、どれもアロマのような優しくて爽やかな香りがします。着け心地はどれも軽くサラッとしている印象。むしろお水かな?ちゃんと浸透しているのかな?と心配するほどです。この軽すぎる感じ……いつもの化粧水と真逆すぎて不安になる。

「来年私は30歳なんだよ、よろしく頼むよ」と願いながらバシャバシャ使い続けました。

【肌測定の結果に震える】

28日間使い続けた結果、ぶっちゃけ肌の見た目や触り心地に関して大きな変化を感じません。しかし肌測定の結果をみてみると……

全体的に数値が上がっているではありませんか!

嘘みたいだけど本当だから。嬉しいよりも、1万のスキンケアに対するショックのほうが大きくて、店内で低い悲鳴をあげるくらいだから。それでは数値の変化をみてみましょう。

UV予防3→4
保湿2→4
角質ケア2→4
美白2→1
代謝調節5→3
洗顔2→2

続いて、14種類の肌数値の結果もみてみると…おぉ〜△が減っているよ!
◎3個→5個
◯5個→6個
△6個→3個

なんだろう。嬉しい……けど、やっぱり複雑な気持ちに。

今まで使っていた高い化粧水たちはなんだったのかと。何かの間違いなんじゃないかと。豚に真珠だったのかと。

【BAさんの見解】

レシピストは浸透力と保湿力の高い化粧水なんでしょう。ただ、美白成分は弱いみたいなので、使い続けるなら他のスキンケアで美白力を上げたほうがいいかもしれません。」と教えてもらいました。なるほど〜と関心していると、BAさんからさらに鋭い指摘が!(またなの!?)

「もしかして高い化粧水使ってるとき、遠慮しながらつかいませんでしたか?」

お、おっしゃる通りです……。高い化粧水はきっと少ない量(1円玉サイズ)でも、美容的な何かが濃縮だからたぶん問題ないだろうと考えていました。

しかしこの使い方だと、顔と手の間に摩擦が生まれ肌がいたむのだそう。

今回は「安いから」という理由で、バッシャンバッシャン化粧水を使った結果、肌質が向上したみたいです。

【まとめ:レシピスト、あなどれない】

今回使ってみて、ここまで結果を出しちゃうのかと衝撃を受けました。疑っていてごめんよ。スキンケアは高いものをチマっと使うより、安くてもたっぷり使うことが大事なのだと分かりました。

とは言っても、肌質は人それぞれ大きく違うので、効果も違います。肌に合っているのか否かは、肌測定などを活用しながら様子見するのをオススメします!

参考リンク:レシピストスギ薬局
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top