魚さばくの苦手…、そんな人には「サカナイフ」!

201712-5-saknif-7-f8a69ed8aab982043ada0267e8effbcdb6121449

魚をさばくのは、たとえ料理が好きな人でもちょっと躊躇しがち。でも栄養豊富な魚は積極的に食べたいですし、綺麗にさばけたらカッコいいですよね。そこで登場したのが魚専用の包丁、その名も「サカナイフ」!

小さいアジからブリなど大物までこれ1本で簡単にさばけます。年末年始のパーティは自分でさばいた魚で刺身やカルパッチョ、アクアパッツァに挑戦してみてはいかがでしょうか。

クラウドファンディングサイト・Makuakeにてプロジェクト展開中の「サカナイフ SAKAKNIFE」。 誰でも簡単に魚をさばける包丁です。魚をさばくための “魚用包丁”  は大きさや形によって数本を使い分けるのが一般的ですが、家庭でいくつも揃えるのは大変ですよね。「サカナイフ」は見た目はイカツイ感じですが実はデキルヤツ。これ1本で魚の大小を問わずさばけます。

その秘密は工夫が凝らされた形状や刃にあり! 魚をさばく際の第一ステップ“うろこ取り”ではうろこの隙間に入るナナメの角度に。うろこが取りやすく、飛び散りも少なく済みます。

一方でコレができたらイイよね!というのが“三枚おろし”。先端は三枚におろすための“トレースライン”をつくるのにぴったりのJの形。それを魚に刺して骨に沿って押しながらさくことで、安全で簡単に内臓を傷付けずに腹の皮を切れます。さらに、のこぎりのような波刃で頭部の硬い骨も軽い力で切断可能。最後の難関、“身をそぐ”は、細かな操作ができるR状の本体刃によって骨に身を残さずキレイに仕上げます。

1尾まるごとの魚は切り身より鮮度が保てますし、何より美味しいですよね。骨や頭から出汁をとったり、骨を揚げて酒の肴を作ったり、魚をさばくことができれば何もかもイイことづくし! 定価は1万4018円、Makuakeでの支援コースは1万2500円からです。

>> Makuake「サカナイフ」

 

(文/&GP編集部)

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top