忙しいときはどうしても外食に頼ってしまうから、野菜が不足しがちになります。

年末年始で飲む機会が増えると、ますます野菜不足が深刻化しそう。どうにかして、パパっと摂取できる方法はないものか……。

そんなお悩みを抱えるみなさんにピッタリなのが、野菜と果物、そしてスーパーフードから作られた自然由来のパウダー「ナイスンイージー(NICE n EASY)」です。

こちらは、水や牛乳、豆乳などと混ぜて10秒シェイクするだけで即席野菜ジュースが作れるというアイテム。

【10秒シェイクするだけで完成!】

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場後、目標額の2倍以上もの支援を集めているこちらのパウダーは、野菜不足を解消できる便利な商品。

支援してゲットできるのはトマト、ビーツ、にんじん、バオバブフルーツを含んだ「ENJI(赤)」。そしてほうれん草、かぼちゃ、バナナを含んだ「MOEGI(緑)」の2種類。

トマトベースの「ENJI」は酸味とにんじんの甘みを感じられる味わい、一方の「MOEGI」は抹茶のような味わいなのだそうですよ。

【ナイスンイージーの特徴は?】

こういった “混ぜるだけの野菜パウダー” は、ほかにもたくさん存在します。

「ナイスンイージー」の魅力は、着色料や甘味料、香料や保存料を使わず、スーパーフードを取り入れていること。そしてパウダー約10gに、野菜100g分がギュッと凝縮されていること。

独自の『ターボドライシステム』という野菜を瞬間的に加熱して、短時間でパウダー化する技術によって、野菜や果物が持つ本来の色や風味、ビタミンやカロテンといった栄養素を、壊さずに高濃度のまま保っているんですって。

原材料は主に九州産で、見た目が悪いというだけで店頭に並ばず廃棄されてしまうような野菜を活用しているそう。こういったこだわりは、他社の野菜パウダーには見られないような気がします。

【自宅でもオフィスでも飲めるのがイイね☆】

パウダーなので持ち歩けて、オフィスや旅先でもパパッと栄養チャージできるのは大きな魅力です。

パウダーがゲットできる支援コースは、税込み2682円から。ボトルのみゲットできるコース(税込み800円)もあるので、セットで申し込むのもアリですよ。500mlと大容量ですし、見た目も可愛いのでおススメです♪

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch