お母さんの胎内にいるときから、すでに周りの音が聴こえている赤ちゃん。そのため、生まれてからもお腹の中で聞き慣れていた母親の声を耳にすると安心した様子を見せるといいます。

でももし、生まれつき耳が聴こえない赤ちゃんが初めてお母さんの声を聴いたなら……どんなリアクションを見せるんでしょうか?

今回ご紹介するのは、補聴器をつけることでそれが叶った赤ちゃんの動画。彼女の表情を目にした人はきっと感動がやまないことでしょう。

【生まれてから初めてママの声を聴いた赤ちゃん】

赤ちゃんの名前はシャーロット。2017年8月に生まれた彼女は、生まれつき、重度の聴覚障害がありました。両親はなんとかしてこれを解決しようと努め、彼女に合う補聴器を手に入れました

YouTubeには、その補聴器でシャーロットが初めて母親のクリスティさんの声を聴いたときの映像がアップされています。じーーっとクリスティさんを見つめていたシャーロットは、「ハーイ」と呼びかけるクリスティの声を確認するやニッコリ。そして驚きか、それとも感動のためか言葉にならない声を出し、瞳に涙を浮かべます。

その後も、クリスティさんの呼びかけにじっと耳を傾けながら、ふたたび笑顔になったり泣きそうになったり。お腹が空いたから、眠いからというシンプルな理由ではなく、こんなに小さな赤ちゃんでも感動して泣くことってできるんですね。

クリスティさんの「アイ・ラブ・ユー」という言葉は、意味は分からなくても、きっとシャーロットには伝わっているはず。それが手に取るようにわかり、動画を観ているこちらまでほろり。思わず胸があたたかくなります。

【奇跡の瞬間をとらえた動画に感動】

自身のインスタグラムで「今日の奇跡の瞬間は、補聴器を手に入れたときに祈っていたものだった」と書いているクリスティさん。その言葉のとおり、今後家族にとっても、シャーロットとの言葉を介した新たな関係が築かれていくことでしょう。

皆さんも愛にあふれた奇跡の瞬間を、動画やインスタグラムでぜひチェックしてみてください。

参照元:YouTubeInstagram @theblushingbluebird
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch