こりゃまたマッドサイエンスめいた・・・りんごの細胞から人間の耳を作り出すことに成功(カナダ研究者)※閲覧注意

a338b2b6-9fd30dd2059978c8e413cef606e26537bcd5474d

 科学者は時として世にも奇妙な研究に没頭するものだ。アンドリュー・ペリングは常人の発想など完全に無視する。彼が発表した最新の論文のテーマは、りんごから人体の一部を作る方法についてだ。そう、果物のりんごである。

 ペリングの情熱はもっぱらゴミの中に宝物を見つけ出すことに注がれている。彼によれば、遊びを通じて自由でとっぴな発想ができるよう鍛えるのだという。TEDの講演で、「ちっとも不気味じゃないですよ」とペリング氏。「普段は古いエレクトロニクス製品を探しては、研究室に持ち帰っていろいろいじっています」

 マッドサイエンティストという言葉を思い起こさせる彼は、カナダ、オタワ大学に研究室を持つれっきとした科学者だ。この研究室はアスパラガスで脊椎の怪我を治そうとしたり、かなり変わったものを研究している。

 研究室の最新プロジェクトは、りんごの細胞から人間の耳を作ってしまおうという、やはり耳を疑いたくなるものだ。この耳は天然物と違って音を聞くことはできないが、形は完全に同じで、人間の細胞まで有している。

0_e9

きっかけはリトル・ショップ・オブ・ホラーズのオードリーII

 ペリング氏は最初からりんごで耳を作ることを狙っていたわけではないそうだ。発端となったのが、映画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に登場する動き回る植物オードリーIIだ。これを観て、研究室でもそのようなモンスターを生み出すことができないかと思いついたのだという。

7_e6

 そこで研究室のメンバーであるダニエル・モドゥレフスキー氏が、手始めに葉っぱを実験台に植物の構造を支える足場となるセルロースから細胞を取り除いてみた。しかし、葉のワックス状のコーティングを剥ぎ取ることが難しいと判明。悩んでいたところ、他のメンバーが毎日りんごを食べている姿を見て、代わりにりんごを使ってみることにしたのだそうだ。

 「罪のないマッキントッシュのりんごを実験台にして、その細胞とDNAをすべて取り除き、それから人間の細胞を植え付けたんです」とペリング氏は説明する。

3_e9

 「で、そうやってりんごから細胞全部を取り除いて残ったのが、このセルロースの足場です」

 このセルロースの足場を顕微鏡で見ると無数の穴のようなものが開いている。ここに人間の細胞を埋め込むことができる。写真で青く染色されているのが、人間の細胞である。

5_e8

 ペリング氏の奥様が耳の形にカットしたりんごからセルロースの足場を取り出し、そこに人間の細胞を移植する。こうして作られたのが今回の耳である。この足場は人体に移植することが可能だという。

1_e11

りんごから取り出した足場で臓器や皮膚を

 現在、足場を利用して肝臓、心臓、皮膚など作り出す、それぞれに特化された幹細胞の研究が急ピッチで進められている。患者自身の幹細胞から内臓を培養できるようになれば、世界的な臓器不足が解消されるだろう。

 しかし問題はその足場自体にある。市場に流通している足場は、特許だったり、動物や死体などを基にしていたりするため、非常に高いうえに問題も多いのである。そこでりんごから取り出した足場だ。このプロジェクトの重要性は、りんごの値段を他の人体形成技術と比べてみればわかるだろう。

ご自宅で簡単に人体形成

 「理念を重視する会社を起業しました。自宅でも簡単にできるようなシンクとはんだごてのキットを開発中です」

 スパイダーウォートというペリング氏の会社は、足場を作成する機器を開発したほか、この技術をオープンソースとして公開した。詳しいやり方についてはインターネットで知ることができる。現時点ではまだ販売されていないが、情報はこちらで閲覧可能だ。
 
 ユニークな発想をするペリング氏だが、科学の世界で創造性を失わずにいることは難しいという。クリエイティブとは、たまたま起きるようなことではなく、そのためは多大が努力が必要なのだそうだ。

6_e7

 「私たちは自分たちに制約を設けてしまいます。それがそれ(創造性)を殺す考え方や条件を育てるのです」と話す彼が創造性を保つ秘訣とは、熱狂的でエネルギーに満ちた人たちと付き合い、自分や他人に”遊び”を許可することだという。そのうえでアイデアや計画がもっと斬新なものにならないか問いかけるのだそうだ。

 「誰にでも生まれつき当たり前にできることではないかもしれません。ですが、しばらく挑戦してみれば慣れてきて、普通にできるようになりますよ」

 そうこうしているうちに、いつの間にか普通とは違う考え方が身に付いて、斬新な発想ができるようになるそうだ。

 「ほとんどは上手くいきませんけどね! でも試してみることです。そうした中にときどきキラリと光る金が眠っているんですよ」

Andrew Pelling This scientist makes ears out of apples.

via:plosmentalflossdailymailなど/ translated hiroching / edited by parumo

▼あわせて読みたい
時代がSFに追いついて来た?死者の脳を再び蘇らせるプロジェクトが開始される(米・印研究)

黒々とした毛が背中から。幹細胞移植で無毛マウスに発毛させることに成功(日本研究)

3Dプリンターを使ってヒトES細胞(胚性幹細胞)から立体物を作り出すことに成功(英研究)

死刑囚を死から蘇らせようとした科学者がいる。かつて神童と呼ばれたマッドサイエンティスト「ロバート・E・コーニッシュ」

マッドサイエンティストをイメージしてみた14枚の画像

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top