コンパクトでお手頃なスウェーデン発のオシャレ空気清浄機が登場!

IMG_3590-720x480-2fc53732b4a45979158d3d8c26d2db27fed24db0

「Blueair(ブルーエア)」といえば、スウェーデンの発の空気清浄機ブランドとして、日本でも高い人気を誇っています。とはいえ、5万円クラスというちょっとお高い価格帯なので、これまで購入を躊躇していた人もいるのでは?

そんな人におすすめしたいのが、10月25日発売の「Blue Pure 411」。こちらはブルーエアのカジュアルラインとして新たに生まれた「Blue by Blueair(ブルー バイ ブルーエア)」から登場します。価格は1万8000円(税抜)という、これまでのブルーエア製品では考えられないお値段です。

とはいえ、“安かろう悪かろう”ではないのがブルーエア製品の強み。一体どんな機能を備えた製品なのかをご紹介しましょう。
 

■寝室など狭めの部屋での利用に最適

本体サイズは直径200mm×高さ425mm、重さは約1.52kg。とにかく小さい&軽いので、自分がいる場所に合わせて持ち運ぶことも可能です。

▲ 商品について說明するブルーエア アジア・セールスディレクターのヨナス・ホルスト氏

適用床面積は22㎡(13畳)となっているので、リビングで使うには少し物足りないですが、寝室や子ども部屋などで活躍するでしょう。

 

■360度吸引で設置場所に自由度が高い

本体下部から汚染物質を含んだ空気を360度吸引するので、設置場所を選ばないのが魅力。フィルターは、ホコリなどの大きなホコリを除去する「プレフィルター」、プラス帯電により細かな粒子を除去する「パーティクル+カーボンフィルター」で構成されています。空気清浄技術には、吸い込んだ物質を静電気で吸着させる、同社独自の「HEPAサイレントテクノロジー」を応用しているそうです。

また、フィルター内部には活性炭シートを備え、生活臭を除去してくれます。きれいになった空気は天面から排出する仕様で、天面で電源のオン/オフや3段階の運転スピードの調整が行えるシンプルな操作性も特徴です。

プレフィルターは水洗いすることで繰り返し利用でき、メインフィルターは約6か月ごとの交換が推奨されています。このプレフィルターは3色用意されており、メインカラーの「Diva Blue(ディーバブルー)」に加え、アジアの家庭にもマッチしやすい「Saffaron Red(サファロンレッド)」、「Dark Shadow(ダークシャドウ)」を用意。部屋のインテリアに合わせて気軽に取り替えられるのがいいですね。

なお、パーティクル+カーボンフィルターは3000円(税抜)、プレフィルターは1000円で公式ストアや家電量販店で販売されます。
 

■日本の空気の質は180か国中104位

発表会では、ブルーエア アジア・セールスディレクターのヨナス・ホルスト氏が登壇。日本は空気の質ランキングでは、180か国中104位という思いのほか低い順位に位置しており、世界第3位の空気清浄機市場であると語りました。

新ブランドである「Blue by Blueair」は、「利便性を求めているユーザー向け。買いやすい価格でありながら高性能なモデルを求める人に向いている。使いやすさ、スタイル、パーソナル化がポイント」だそうです。

1日あたりの電気代は約0.8円。24時間稼働させる生活家電として、高効率のLED照明よりも少ない消費電力を誇っています。

取扱店舗は、家電量販店、一部百貨店、ブルーエア公式ウェブサイトなど。1万8000円で生活環境の空気がきれいになるBlue Pure 411は、日本の空気清浄機市場において新たな風を吹き込む存在になるかもしれません。

>> ブルーエア

 

(写真・文/今西絢美

いまにしあやみ/エディター、ライター いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。

Related post

オススメ記事

  1. 00_m-f803f95382654313c717c3f8ad08602fbd4c660d
    2017年02月06日 13時0…
  2. mane_170207_01-550x412-3208b91260fc66faee13778d6181897c7f5a280d
    年始早々に、30…
  3. 170118virusnuclei_main-22e22cc72fa7d4316d37fc6cf89ba24079e0a4fe
    冬になるとӌ…
Return Top